新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師業界のウラガワ』71.「薬と健康の週間」で遭遇した尻拭いの空しさ

『薬剤師業界のウラガワ』71.「薬と健康の週間」で遭遇した尻拭いの空しさ

2013年12月09日 (月) 08時00分配信 投稿日:13/12/09 08:00 icon_view 408view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 408view

地域薬剤師会などが中心となって毎年各地で開催されている薬と健康の週間。今年も10月17日から23日までの一週間にわたり行われ、医薬品に関する素朴な疑問について質問したり、子ども向けの調剤擬似体験を展開するなど、薬剤師という薬の専門家を身近に感じたりすることに主眼を置いた催しが全国で繰り広げられた。

普段では聞きにくい相談などについても幅広く受付けているため、医薬品を常用している高齢者や健康維持のためにサプリメントを摂取している生活者から人気のイベントではあるが、今年はこれまでと違った場面に出くわしたという。

高齢の男性は、「病院の前にある薬局は患者のことを全く考えていないよ。業務が忙しいのはわかるが、流れ作業でこちら側の話はほとんど聞かないし、土日は休んでしまうので改めて質問もできない。今の薬剤師の仕事は機械化が進んで棚から薬を取り出して袋に入れるだけだろう。昔のように生薬を摺ってくれることもないし、そのくせに料金はべらぼうに高くなっている。もっと患者の立場を考えて対話をする姿勢を見せてくれ」と言い放ったのだ。

対応した薬剤師は「相当な不満があったのでしょう。いくつか誤解があることや門前薬局に行かなくていい旨を説明しても、あまり聞かれている様子はなかったです」と振り返り、対応した側としてもショックだったという。一連のやり取りを耳にした薬剤師会関係者は「ついにここまで来たか、という印象です。先日の『とくダネ』以降、こうした意見は少なくなかったのですが、この時期まで引っ張るのは嫌ですね。悪い意味で広く浸透してしまったと思う」と呟き、薬局・薬剤師に対する不満があったことは確かだが、引き金としてのテレビの威力は十分だったと言及する。

一応、番組からは釈明の内容が放映されているが、薬局・薬剤師への不満に対する後始末は現場が担うことになってしまった。一種の被害者が真の被害者をフォローする。こんなに空しい作業はない。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good9

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る