運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師業界のウラガワ』79.薬局からの情報発信も

『薬剤師業界のウラガワ』79.薬局からの情報発信も

2014年02月03日 (月) 08時00分配信 投稿日:14/02/03 08:00 icon_view 224view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 224view

上半期最大のスポーツイベントとなるワールドカップサッカーブラジル大会(W杯)。日本代表選手が海外リーグで奮闘することをはじめ、Jリーグで活躍する選手にも高い注目が集まることが予想される。今回は地球のウラ側であるブラジルで開催されるため、過去の大会ほどの大量の渡航者は見込まれていないが、開催が近づくにつれてムードの高まりが期待されている。

一見、薬局・薬剤師とW杯には全く関係が無さそうだが、厚労省は様々な関係団体等に呼びかけている「あること」があり、薬局でもポスターの1枚くらい貼ってもいいかもしれない。それが「黄熱への予防接種」だ。

開催半年前となる昨年12月から厚労省は旅行会社を通じてブラジルに観戦予定のファン・サポーターへの予防接種を呼びかけている。国内では25ヶ所でしか接種できないことが要因とされており、開催が近づくにつれ、駆け込みでの対応が困難になることを想定されている。

黄熱は熱帯アフリカや中南米地域の風土病で、蚊にさされることで発症する病気。発症すると発熱・寒気・頭痛・吐き気などを伴い、場合によっては死に至ることもあるという。

予防接種費用は事前予約制のみで1回1万円程度、予防接種証明は接種10日後から10年間有効となっている。

2009年から2010年に発生した新型インフルエンザの世界的流行の記憶が薄れつつある昨今であるからこそ、未知の疾患への万が一への対応について、薬局から呼びかける意味は小さくないはずだ。特にサッカーは地方によってかなりの熱狂を見せているのは周知の通り。また薬剤師はスポーツファーマシストという独自の見方ができる専門家でもあり、多角的にスポーツを支える存在になりたいところだ。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る