新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

119.要件変更は誰のため?

119.要件変更は誰のため?

2014年11月17日 (月) 07時00分配信 投稿日:14/11/17 07:00 icon_view 556view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 556view

薬剤師の方にとって、無関係のようで将来的には影響を与えそうな制度変更が行われる。それが登録販売者試験の受験資格要件の変更だ。公の場で一度も議論されないまま、厚労省と業界団体の話し合いのみで実行されるから驚きだ。制度設置の際は喧々諤々の議論を経たものの、変えるときはあっさりとしたものである。

言わずもがな、登録販売者は薬剤師以外では唯一、正式に一般用医薬品の販売が認められている人的認定であり、創設の経緯や現場での役割を考えると、一般薬販売における薬剤師のアシスタントと捉えるのが妥当なところだ。しかし昨年、大手企業による不正受験が相次いで発覚し、登録販売者の設置を要求した規制緩和サイドから「そもそも存在しなくてもいいのではないか」などといった危機的状況に陥りかけたことも記憶に新しい。

今回の制度変更は不正受験の是正を起点としているものであり、曖昧な実務経験記録の提出を撤廃し、誰でも受験できるようにしたうえで、試験合格者が仮免許状態で経験を積んだ後、正式に登録販売者となるシステムだ。

さて問題はここから。簡単にいってしまえば受験しやすくなる仕組みになるため、既存の合格者との住み分けが重要視される。約15万人もの試験合格者が専門家として何らかのステップアップを求められているのは必然で、そんな中浮上しているのが調剤テクニシャン制度だ。登録販売者制度を事実上設計した日本チェーンドラッグストア協会はテクニシャン制度の日本における導入を声高に挙げ、行政方面への働きかけを強めているのは偶然の一致ではないだろう。つまり、一般薬のみならず調剤方面でもアシスタントを作ろうというワケだ。

医薬分業に対する風当たりは言わずもがな。薬剤師が調剤室で袋に薬を詰めるだけとの声は規制緩和サイドから再三指摘されている。今回の登録販売者制度変更はどこの道に繋がっているのか。薬剤師の方は注視する必要があるのではないだろうか。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る