運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

140.悪意のある手法にはご注意を

140.悪意のある手法にはご注意を

2015年04月28日 (火) 07時00分配信 投稿日:15/04/28 07:00 icon_view 928view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 928view

インターネットを使って検索することが日常的になったが、その怖さについて病院・薬局の薬剤師の立場に落とし込んで考えたことはあるだろうか。具体的には病院や薬局の悪評を意図的に検索したり、無関係なリンクをHPに貼り付けられたりする行為があるという。

一般用医薬品のインターネット販売や、薬局機能情報の公表制度、厚労省による薬剤師検索サービスなどにより、ここ数年で薬剤師を取り囲む環境は一気に情報化が進んだ印象にある。

では、自分の勤務している病院・薬局や運営会社、もしくは薬剤師としての自分自身について検索した経験のある方はどれほどだろうか。恐らく就職活動を行っている最中は会社の評判や社風、離職率などを気にすることはあっても、実際に勤務を開始してからはあまり検索することはないのではないか。

いま問題になりつつあるのが、悪意のある意図的検索で、例えば薬局名と「不祥事」や「調剤過誤」などを検索にかけ、検索結果の際に上位に表示させようとするものだ。

また、薬局のHPではリンクフリーのところも多いと思うが、実際にリンク先がどのようなサイトであるかこまめにチェックされていることはほとんどないのではないだろうか。当初は情報サイトや地域コミュニティといった目的でスタートしたはずが、数日経過するとアダルトサイトに変更している場合などがあるという。

問題なのはこうした行為は事前に防ぐことが非常に困難であることだ。前段の薬局名と不祥事などを検索上位に持ってこられると、事実とは一切関係なくてもまるで関係性を持った実態のように検索システム上では成立してしまう可能性があるのだ。多くの生活者はこのような不祥事には関心が高く、検索結果がどんどんクリックされていく恐れがあるため、事態の収拾には相当な法的手段を要することもある。わかりやすく説明すれば、くすりの福太郎を検索してみるのが最も手っ取り早い。後段のリンクについてはHPの管理を丁寧に行えば防げるものの、やはり手間はかかることは否めない。

IT化によるさまざまな情報公開が進むが、こうした警戒感は常に持っておきたいところだ。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る