新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

154.意外?!虫よけ対策で人気なのは

154.意外?!虫よけ対策で人気なのは

2015年08月11日 (火) 07時00分配信 投稿日:15/08/11 07:00 icon_view 343view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 343view

梅雨明けを迎え、連日にわたって酷暑と言える猛烈な気温の日が続く。屋外でのスポーツ活動について、ある生理学者は「伝統・文化も理解できるが、抜本的に考え直した方がいい」と警鐘を鳴らすほどだ。こんな気温で本当に五輪ができるのか、スタジアムの悶着とともに、もっと真剣に取り組まないといけない気がするが…。

閑話休題。気温の上昇とともに悩まされるのが、虫刺されではないか。昨年のデング熱を境に、蚊に対する警戒感は非常に高いものがある。販売データ会社のプラネットがまとめたトピックスによると、汗ばんだ後や飲酒後に蚊に刺されやすいと自覚していることが多いという。また女性の半数以上が「自分は蚊に刺されやすい」と自覚している模様で、同社では「無意識に掻いてしまうことで跡が残り、美容面でもマイナスになることから、男性よりも意識が高い可能性がある」との見解を示している。このあたりは女性が多い薬剤師の方も頷けるのではないだろうか。

刺されたあとの対処方法では、「薬を塗る」が最も多い一方、「掻く」という対処法?もほとんど同率となっており、無意識のうちに掻いてしまう場合も含めて、刺されたあとの行動としての「掻く」は、案外多いのかも知れない。そして女性に多い対処法として挙げられていたのが「爪で痕をつける」で、具体的には蚊に刺された部分に爪先を押し当てて、バッテンなどの痕をつけるというもの。跡が残ることのマイナス面を認識しつつも、痒みを痛みでマスキングする傾向もあるのかも知れない。

蚊に刺される前の対処法では「蚊取り線香をたく」、「液体蚊取り器を使用する」が多く、意外にも蚊取り線香の根強い人気が窺えるものとなった。最近ではアロマ系の香りも登場しており、幅広い年齢層から支持される結果が示された。また、デング熱が確認されて以降、自治体等が虫よけスプレーの使用を呼び掛けていることから、子どもがいる親御さんには外出の必需品となっていることもあるようだ。

蚊取り線香や虫よけスプレーはドラッグストアが中心となっているものの、小容量の製品に対するニーズも高い。調剤薬局においても、幅広く取り扱ってみるのもいいかもしれない。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る