新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

155.いよいよ議論の俎上にあがる?

155.いよいよ議論の俎上にあがる?

2015年08月18日 (火) 07時00分配信 投稿日:15/08/18 07:00 icon_view 325view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 325view

「議論のスタート地点にない」。

薬剤師会の会長は業界紙などが集まる場で、いわゆる調剤助手について、議論の緒にもない現状認識を強調している。結構な頻度で多種多様な記者から「テクニシャン制度についてどう考えているのか」といった趣旨の質問が出されるが、前述のようなコメントに終始している。

その一方、現場には着実に“助手”が浸透しているという声が聞こえてくる。事務員のピッキング?それは基本的にグレーであるし、薬剤師の監視のもとでの行為も同じだ。

では、現場に浸透している助手とはなにか。ズバリ、その助手の名前は機械である。

実は薬剤師会の中でも、この機械化ということに関しては「話は別」という姿勢にある。先日行われた定時総会においても、会員と執行部でこのようなやり取りが交わされた。

会員「調剤助手は議論していないというが、薬剤師業務の機械化については、どのような認識にあるのか」。

執行部「機械化については会内で考えなくてはいけないテーマだ。しかし、機械がOKだから無資格も問題はないと言うのはおかしい」。

質問者がこの回答に納得できたかどうかは不明ながら、業界関係者の中には「機械がOKで人がダメという根拠が必要なのではないか」という指摘がある。自動車のいわゆる自動運転が実験されつつある現状からすると、人の手でなければならないという主張は、数年で技術が飛び越えていくのが目に見えている。

しかしながら、薬剤師会もスタンスを崩すわけにはいかない背景もある。同会が以前示した試算によると10年後に薬剤師は供給過剰、つまり薬剤師が余るとの予測を立てており、薬学教育6年制は100年の悲願として成就させたものの、肝心の職場はありませんという状態は絶対に避けたい。そのため調剤助手の議論のテーブルに着こうとしないという見方もある。

薬剤師でなければできないことと、そうではない行為とは何か。現場の方ほど、その境界線の怖さが判るのではないだろうか。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る