運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

177.その会費、どこに使われました?!

177.その会費、どこに使われました?!

2016年01月26日 (火) 07時00分配信 投稿日:16/01/26 07:00 icon_view 277view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 277view

東京都内はホテルを始めとする催し会場が空前の不足状況に陥っている。戦後に建造されたホテルや公共施設などのリニューアルが重なっているためだ。背景には東京五輪が控えていることが大きな要素となっている。

この話題が薬業界にどのような影響を与えているかというと、毎年恒例の新年賀詞交換会を直撃しているのだ。例えば日本薬剤師会はホームグラウンドとしていた東京會舘が昨年1月に営業を休止。同様に東京會舘を贔屓にしていたOTC医薬品協会や一部製薬メーカーも、今年は別会場での開催となっている(薬剤師会は明治記念館となった)。

薬剤師会関係者が「高くて無理」とため息を漏らすのがパレスホテル東京。ここを使用しているのが通信販売協会。もちろん一般用医薬品のインターネット販売の事実上の解禁や機能性表示食品の登場で業界としても“イケイケ”であることがこんな場面でも反映されていると言えよう。このパレスホテルは日本保険薬局協会も利用しているが、新年賀詞交換会は毎年ホテルオークラで開催している。政治家は薬剤師会の新年会よりも多く足を運んでくるあたり、どこに費用を充てているのかが、窺い知れるところとなっている。

一方で日本チェーンドラッグストア協会は新年会などを行っていない。それもそのはずで、3月に薬業界最大イベントの「ドラッグストアショー」を控えているため、余計な出費は極力抑えているといったところではないだろうか。

新年賀詞交換会はその名の通り、新年を祝う会であるが実態は1年の発信を行う機会。今年1年をどのように乗り出すのかを内外に打ち出していく発表会と言える。読者の方が組織活動にどれほど参加しているか不明であるが、会員の高齢化と若年層の組織不参加はどの業界も重大な問題。自分の会費一部がどのような使われ方をしているのか。普段は全くニュースにならない部分であるが、18歳選挙権がスタートする年でもあり、こんな視点で業界を俯瞰するのもアリかもしれない。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月18日~06月25日

もっと見る