新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

186.子どもの与える影響は

186.子どもの与える影響は

2016年04月05日 (火) 07時00分配信 投稿日:16/04/05 07:00 icon_view 396view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 396view

ひょっとしたらこの一冊が薬剤師の将来を大きく変えることになるかも知れない。

学研プラスが日本薬剤師会に協力を求めて制作した「まんがでよくわかるシリーズ」で、『薬剤師のひみつ』が刊行された。驚いたことに学研プラスから出版依頼があったとのことで、「PTAや保護者から人気のあった職業のうち、いくつかピックアップした中から薬剤師が選ばれた」(薬剤師会関係者)というものだ。生命保険会社が行っているなりたい職業ランキングにおいても、女の子の部門で薬剤師はランクインを果たしており、「お薬をわたしてくれる優しいお姉(兄)さん」は、一般国民目線では好感度の高い職業であることが窺える。

とりわけすごいと薬剤師会関係者が舌を巻くのが、全国の2万2000軒の小学校と3200軒の公立図書館に配布されることだ。つまり、全国津々浦々の小学生をはじめとする若年層へ薬剤師の職能をアピールできるという訳だ。

これまでテレビやラジオ、新聞などで薬剤師の職能をアピールしたところで、何か不祥事があれば“棚から物を取るだけ”などの厳しい意見に晒され、大手メディアでアピールすることの意味について疑問符が付いていたのも事実。その点、小学生向けの書籍が与える好影響は、天井知らずと言っても過言ではない。読者の方も教室の片隅にあった書籍を読みふけった記憶もあるのではないだろうか。書籍の感想を学校薬剤師と話したり、薬局の薬剤師に質問したりすることもあり得るだろう。

そして最も大きいポイントは「医療職で初」というところ。職業紹介漫画では理容師、ファイナンシャルプランナーなどに続く4冊目。なぜ医師のひみつや看護師のひみつがないのが不思議でならないが、とにかく医療職では最初であることに変わりはない。

近年、小中学生を対象にしたくすり教室も展開されており、子どもが薬剤師と触れ合う機会は増えている。偏見にまみれた大人を説得するより、子どもの純粋の心にアピールする。そして家庭で子どもが薬剤師の話をする。絵に書いたような理想像かも知れないが、これまではこのような絵も描けなかった。本を機会に是非とも子どもを味方につけたいところだ。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5571件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る