新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

193.かかりつけ時代とマスク

193.かかりつけ時代とマスク

2016年05月31日 (火) 07時00分配信 投稿日:16/05/31 07:00 icon_view 407view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 407view

白いマスクを着けている薬剤師とそうでない薬剤師とでは、相談意欲に差が生じる?!日本薬学会第136年会で発表された慶應義塾大学薬学部のポスター発表が面白かった。感染予防等のために薬剤師のみならず、医療関係者は白いマスクを着用していることが多い。慶應義塾大学薬学部の調査は、この“ギョウカイの慣例”に待ったをかけたものだ。

これは18歳以上男女100人(男女各50人)を対象に調査したもので、マスクそのものの有無ではなく、口元を覆う一般的なマスクとフィルムなどを用いた透明タイプのマスク、つまり顔が認識できるマスクとの比較を行った。それぞれのマスクを着用して業務を行う薬剤師の映像を見たあとに、その印象について質問した。

結果をみると、通常のマスクよりも透明マスクを着用した薬剤師の方が相談に関わる信頼感尺度が優位に高いことがわかった。考察では「マスク着用で表情の一部が隠れた場合、薬剤師に対する評価を行うことが難しくなり、相談意志が低下すると考えられる」とし、通常のマスクを着用する際は「マスクに隠れない部分で良い印象を作ることが大切」と指摘している。

白衣恐怖症という言葉が医療関係者に指摘されて以来、意図的に白衣ではない着衣を用いる病院も増加しているのは周知の通りだ。カウンターの向こう側にいる薬剤師が白衣を着た上でマスクを付けていたら、白衣恐怖症の人はその姿だけで気を病むだろう。せっかく病院でのプレッシャーから解放された矢先に「いらっしゃいませ」と目だけを見せて迫ってくる様は、正直いってしんどい気持ちになるだろう。

かかりつけ薬剤師の時代に差し掛かり、ギョーカイの常識「マスク」の取り扱いについても見直しが必要なタイミングが迫っているかも知れない。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5575件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る