新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

212.インバウンドで起こりつつある、現地販売のグレー

212.インバウンドで起こりつつある、現地販売のグレー

2016年10月11日 (火) 07時00分配信 投稿日:16/10/11 07:00 icon_view 188view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 188view

「実は厚労省関係者から『どうなっているのか』という問い合わせは入っている」。

さて、インバウンドによる爆買いという言葉はここ数年間ですっかり定着し、ブームの期間は過ぎ去って、ある程度浸透しつつあるのが現状だろう。けん引する中国人による旺盛な買い物は一息ついたものの、東南アジア方面からの訪日観光客は増加傾向を見せており、今後も日本国内での消費拡大に期待が寄せられているところだ。

薬剤師をはじめ、医療・医薬品産業もこのインバウンドによる恩恵は小さくなく、象徴的な一般用医薬品の大量購入に留まらず、富裕層を対象にした医療ツアーなども大変な人気を博している。先日取材した某県の大病院においても「外国籍の患者さんは少なくないですし、皆さん“相当持っている”という人ばかりです」と頬を緩めてコメントする。

ところが、こうしたインバウンドの副作用が母国等で発生しつつあるようだ。具体的には前述した一般用医薬品の問題で、メーカー関係者によると「個人的な転売が事業と言える規模になっている例もある」というのだ。日本国内においては一般用医薬品をはじめ、医療用医薬品も個人売買は禁止されているほか、サイト開設者にも規制が敷かれているため、主だった事案は存在しないが、まだまだ法的にグレーな国・地域は存在しているという。

個人的な売買とはいえ、販売している製品そのものは日本国内でもおなじみの製品。つまり、クレームがメーカーに入っている可能性もあるというから厄介な状態なのだ。さらにメーカー関係者が危惧するのは「例えば中国で健康被害が発生し、向こうの医薬担当機関に連絡が入り、その責任の所在について厚労省に問い合わせが入ったとき、メーカーとしてどのような対応をとっていいのか。突っぱねる訳にはいかないし、非常に頭を悩ませている」と吐露する。事実、打診レベルであるが、厚労省からインバウンドで一定のニーズがあるメーカーには連絡が入っており、それが冒頭のコメントであるという。

越境ECコマースは今後ますます盛んになってくる。その中で、どのように販売責任を担保するのか。今は“危ない橋をみんなで渡っている状態”だ。その一端が薬剤師などの専門家に及ばないことを祈るばかりだ。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る