新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

241.その可能性はあるのか

241.その可能性はあるのか

2017年05月10日 (水) 07時00分配信 投稿日:17/05/10 07:00 icon_view 198view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 198view

「これは人権侵害ではないか」。

厚生労働省が定期的に集計・公表している『国民の皆様の声』に寄せられた声の中に、薬剤師関係者が懸念した内容が示された。訴訟などの展開にはなりそうもないが、やはりそのように感じる層は少なからずいることが窺える。

寄せられた声はこのような内容だ。「薬局で処方を受ける際に、薬剤師から『生活保護受給者は後発医薬品で処方する決まりである』と言われ、後発医薬品の処方を強要された。聞けば厚労省がそのような通知を出したと言う。生活保護受給者であることを理由に後発医薬品の処方を強要することは人権侵害及び差別ではないか」。

原文のままであるため、若干わかりづらいところもあるが、要するに生活保護受給者だから後発医薬品を使用することを原則としているのは、憲法違反ではないかという訴えだ。

この声に対して厚労省は「使用を推奨する通知は出しているが、義務付けるものではない」とする一方、「医師が後発品への変更を不可としない銘柄名処方を行った場合には、原則として後発医薬品を処方することとしている」と説明。意見を送った人の制度理解度を考えれば、この回答の分かりやすさは意地悪であると思うが、要するに義務ではないけど、原則後発品でお願いしているといったところだろう。

実は制度が稼働する直前にある薬剤師関係者はこの原則後発品という部分は物議を醸すのではないかと懸念していた。確かに希望すれば先発品にすることは可能だが、生活保護受給者に対する区別がハッキリしすぎているのではないかと危惧していたのだ。ココヤクのサイト上でもこの制度に対する怖さみたいな部分を指摘する書き込みがあったことを記憶している。

医療費抑制は喫緊の課題であることは言わずもがな。しかしながら、微妙な立場の方から削るような印象を与える手法はどうか。当然のことながら、面倒なことは全て現場にもしわ寄せがくることは国も理解していただきたいところだ。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る