新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界

264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界

2017年10月18日 (水) 07時00分配信 投稿日:17/10/18 07:00 icon_view 435view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 435view

「公式と称するサイトでこの内容で募集するのはちょっと……」。薬剤師会関係者が苦々しい表情を浮かべる騒動があったことをご存知だろうか。

10月8、9日の2日間にわたり開催された日本薬剤師会学術大会。年に一度、全国の薬剤師会員が一堂に会し、講演会や研修を通じて薬剤師としての職能意識を高めたり、日頃の研究成果を発表したりする、いわば年に一度の祭典とも言える大会だ。また多くの薬科大学の卒業生懇親会が開催され、旧友との親交を温める機会としても利用されている。

プログラムが概ね完成した9月上旬、公式サイトにはある内容が掲載された。それが「銀座料飲企画」で、ひとつは祝日でも開けている飲食店を網羅し、予算金額を大まかにまとめたPDF、もうひとつが『スペシャル企画銀座を楽しむ“究極”コース「銀座クラブ体験あの黒革の手帳の世界へ」』だ。

既にこのタイトルの時点でアウトのような気がするが、その企画内容もすごい。「高級クラブ5万円、お一人様、追加料金なし」という明朗会計が記載され、さらに「この学術大会に合わせて特別なルートを開拓し、普段お休みの銀座の高級クラブを開店していただき、ご希望の皆様にお楽しみいただけることになりました」という厚遇ぶりだ。

即座に炎上したのは言うまでもなく、金曜に公式サイトにアップされたものの、月曜には削除された。

実態としての話をすれば、地方都市で学術大会が開催される際は、地元商工会と薬剤師会が協力し、開催地にお金をたくさん使うことを約束していることは多い。大会期間中、開催地の繁華街にはいつもは檀上に立つ側の方が赤ら顔で町を闊歩していることは珍しいものではない。

薬剤師会の古参会員は今回の件について「なぜ掲載前に誰もNGを出さなかったのか。公式に出す以上、組織としてOKということ。内部事情は色々あるかも知れないが、女性なども名を連ねる組織でこれはダメ」と苦言を呈す。また開催告知文の中には「大会のために特別にルートを開拓」と正直?に書いているあたりに「本当に何も考えることなくサイトにアップしている。過去の大会の実態を調べることはなかったのか」(同)と失笑する。

ただ、本当に企画を中止したのかどうかが気になるところ。当日は夜の銀座を歩いてみても面白いかも知れない。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る