新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

280.新年賀詞交歓会を前にまさかのひと言

280.新年賀詞交歓会を前にまさかのひと言

2018年02月07日 (水) 07時00分配信 投稿日:18/02/07 07:00 icon_view 249view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 249view

「思わず笑ってしまったよ。こんなこと言わなくてもいいのにね」。薬剤師会関係者が苦笑いを浮かべた一言が、同会の新年賀詞交歓会前に起こった。

毎年1月は製薬企業や関係団体、職能組織などが毎日のように新年会を開催する。1月中旬はまさにピークを迎え、出席する側もどことなく同じようなメンツであり“今日もご苦労様です”といったアイコンタクトをとることも珍しくない。

そんな中、薬剤師会の新年賀詞交歓会を前に執行部のひとりがこのようなことを口走った。「担当者として開宴前とは言え、アルコールを提供しないのはおかしい。そう思い、入場者には入口でアルコールを含めたドリンク提供をしている」と話したうえでこう続けた。

「飲んでもいいけど酔っぱらうな」。

過去のコラムで紹介させていただいたが、薬剤師はパーティの席上でのマナー違反が甚だしい。薬剤師会の学術大会懇親会において、壇上にあがった会長が会員に向かって「黙れ」と声を荒げたこともある。それも一昨年、昨年と2年連続。理由は会長が壇上に上がっているにもかかわらず、参加者が談笑を続けたもので、世界的なゲストを招いた前に会長が恥をかいた。

学術大会のレセプションといった対外的なパーティではなく、仲間内の新年会で「酒は飲んでものまれるな」と言うのは、不祥事回避の表れなのか、マナー違反に耐えきれないという意思表明か。

冒頭の発言をした関係者はこう続ける。「医薬分業の急成長で薬局のオーナーはある程度の資産を得るような立場になった。しかし、中身は“くすり屋のおとっつあん”ということでしょう」と語る。その一方で「これまでは薬剤師会もそれでも良いとしてきた経緯がある。会員の精神的な部分に対する意見があるのはごもっともだが、それだけ急成長した業界という認識が自らに足りないことはダメだろう」と現場の意見を代弁する。

確かに過去の学術大会の行為は褒められるものではないが、お酒を提供しておいて静かにしろというのは矛盾があるのではないか。薬剤師が酒の席でのマナーを問われる。『酒は百薬の長』という言葉あるのは皮肉だ。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1407件)

show

2018.08.20 new Part2_訪問薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(20864件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(10件)

show

ブログ(5400件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る