新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

296.要件に振り回される悪癖

296.要件に振り回される悪癖

2018年05月30日 (水) 07時00分配信 投稿日:18/05/30 07:00 icon_view 209view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 209view

日本医療機能評価機構が展開している「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業報告」について、予想外の出来事が発生している。

その理由は非常に簡単で、平成30年の調剤報酬改定で新設された「地域支援体制加算」の要件のひとつに「医療安全に資する体制・取組実績」が設定されたことに影響されている。この効果は爆発的なもので、それまで参加薬局数は1万数千軒程度というものであったが、この要件が明らかになって以降、申し込みは急増。あまりに増える申し込み件数に機構は苦慮し、2月下旬には公式ホームページで「4カ月待ち」という状況を報告する事態まで発展している。

現在は多少落ち着いているとのことであるが、まさに駆け込み需要となった次第だ。同機構は見込みでは、2万5000軒を超える可能性があるという。こうした露骨な動きに対して厚労省の“狙い通り”に動く業界の素直さを指摘する一方で、その主体性の希薄さも問題視している。それを立証するように厚労省関係者は「これまで医療安全に貢献する意識が低すぎた結果。算定要件に入ったから、登録が急増しましたという実態の意味について、業界は真剣に考える必要があるのではないか」と苦言を呈する。

その一方で、薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業報告の制度稼働当初から、積極的に参加登録を進めてきた企業もある。調剤薬局大手の日本調剤は、5年以上前から同制度への参加を指示し、多くの店舗が参加薬局として登録を済ませている。機構に話を聞いたところ、やはりトップダウンが円滑なチェーン薬局の強みが発揮されたのではないかとの認識を寄せる。

決して同社の肩を持つわけではないが、同社は参加薬局が少ないとの呼びかけにいち早く応じ、積極的に登録の号令をかけていた。実際のヒヤリ・ハット報告件数は不明なところであるが、こうした先手を打っているところが、業界の先陣を切っている企業である所以だろう。

登録は順番待ちの状況にあるが、実際の算定に求められる体制としては31年4月。従って4カ月待ちでも十分間に合う計算だ。何より実際のヒヤリ・ハット報告が行われることに期待したい。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1418件)

show

2018.10.17 new 316.被災地支援で勃発した泥仕合 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.10.10 new 315.大切なのは安い方を選ぶという考え方 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.10.04 104.医師の応招義務見直し 【世塵・風塵】

2018.10.03 314.鼻腔投与というアクセス 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.09.26 313.ついに6万という数字に 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20958件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(10件)

show

ブログ(5437件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月10日~10月17日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月10日~10月17日

もっと見る