新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

297.薬局という施設の強みは

297.薬局という施設の強みは

2018年06月06日 (水) 07時00分配信 投稿日:18/06/06 07:00 icon_view 262view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 262view

このままだと薬局は施設としての潜在能力を著しくそがれる可能性がある――。水面下で進むある計画を耳にした薬剤師会関係者は、このような危機感を示す。

既に薬機法改正に向けた議論が始まり、着々と物事は進みつつある。ところが、この5年間であまりにも改善しなかったのが、要指導・一般用医薬品などの取扱いだ。先ほど公表された『かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書』によると、要指導を扱っていない薬局は、全体の約46%に達しており、製品数も9品目以下が大半を占めることが判明した。妊娠検査薬などの一般用検査薬を取り扱わない薬局は6割にのぼっており、いずれの状況も芳しくないのが率直なところだ。

もちろん現場から挙げられる「儲からない」という指摘は誰もが承知しているところ。ドラッグストアをはじめ、アマゾンなどのネット通販と単純な価格勝負をしても戦う前から敗北が決定していることは言うまでもない。

だからこそ、専門家の強みを活かすことが求められる。

要指導・一般用医薬品を問わず、医薬品全般を自己流で服用する人は相当いると言われている。服用量を2倍飲んで早く治そうとするサラリーマンや、常習的に解熱鎮痛剤を服用している人など、自己責任というレベルを超えためちゃくちゃな実態も存在している。こうした利用者へのアプローチをデータ収集し、それを全国的な調査資料として作成することはどうか。

なぜ、このようなことを強調しているのか。

既にご存知の方もいるかもしれないが、一部の製薬企業は遅々とする薬局に見切りをつけ、医師が「紹介状」(指導箋?)を発行するかたちで要指導・一般用医薬品の使用を促そうとする動きを加速させているからだ。この動きは厚労省の耳にも入っており、医療費抑制策の観点から、まんざらでもないとの噂も聞こえてくる。

売れる・売れないという目先の問題は重要であるが、果たして薬局という施設の価値はどこにあるのか。一種の“混合診療”が提供できることの強みを、現場の方は今一度見直して欲しい。それほど、今の状況の雲行きは怪しい。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1406件)

show

2018.08.15 new 307.想像以上に嫌われ者となっていた 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.13 new Part1_調剤薬局としての取り組みと工夫 【在宅高齢者の栄養状態…】

2018.08.08 new 306.休憩スポットとしての薬局利用の注意点 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.02 102.薬剤師と調剤業務 【世塵・風塵】

2018.08.01 305.オンライン服薬指導は待ったなし 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20855件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(11件)

show

ブログ(5397件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月08日~08月15日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月08日~08月15日

もっと見る