新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師業界のウラガワ

<<前の記事へ

次の記事へ>>

311.意地悪な立ち回り

311.意地悪な立ち回り

markNew 2018年09月12日 (水) 07時00分配信 投稿日:18/09/12 07:00 icon_view 189view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 189view

医薬品医療機器制度部会における医師会の発言について、薬局・薬剤師の方はどこまでご存知だろうか。毒舌はひと言くらいなら笑って許されることもあるが、繰り返し行われる発言は“イビリ”に聞こえるのは筆者だけではないだろう。

会合で饒舌なのは日本医師会の担当副会長で、中央社会保険医療協議会(中医協)や厚生科学審議会の各部会で担当委員を務めるなど、いわば日医を代表するスピーカーだ。ただ、現在行われている医薬品医療機器制度部会における発言は、首をかしげるような中身が多い。

取り分け平成30年度に入ってからのコメントは、メディアで取り上げられるような“ニュースになる言葉”でもなく、どちらかというと聞いていて心地良いものではない発言だ。日薬・NPhA、JACDSの3団体が作成した打ち合わせ資料に「日医は呼ばれていない」といった内容であれば小言程度に思うが、「医薬分業にメリットを感じているのは日薬だけ」と誇大表現したり、「医薬分業で病院薬剤師は輝きを失った」と述べたりしたほか、「部会に出席しているにも関わらず、発言がないことはいないも同然」との発言は、会場の空気を濁らせる難癖だった。

とりわけ「発言しないならいないも同然」というコメントは暴論と言えるレベルのもので、他の委員も「発言がないからいないと思われたくないので」、「ご指摘の通り、しっかり言葉を残すことは大切だ」などと、他の委員から皮肉を込められる始末だ。

最も苦笑してしまうのは、こうした風向きになった途端に「説明不足で言い直したい」、「先ほどの発言は舌ったらずだった」と前言撤回をするところだ。

直近に行われた部会では、日薬担当者と日医担当者が会議開始20分にわたって医薬分業の是非について意見を戦わせた。最後まで水掛け論となったが、20分も戦った背景は、いつもは引き下がる日薬が食い下がったことだ。会議終了後、当人は親しい関係者に「(日薬の)ビビットな反応はどうか」と語っていたという。

もちろん、医師会の意見は重要であることは言うまでもない。ただ、他の構成委員が「ポジショントークはもう結構」とあきれ顔で指摘を受ける現状は、どうにかならないものだろうか。


著者:薬業界を幅広く取材する中堅ライター

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1413件)

show

2018.09.19 new 312.敷地内薬局への対応は次のステップへ 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.09.12 new 311.意地悪な立ち回り 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.09.06 103.医療倫理の四原則 【世塵・風塵】

2018.09.05 310.夏場にはどんどん成長する草 【薬剤師業界のウラガワ】

2018.08.29 309.向こう100年を決める議論の場で最も出た企… 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20915件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(10件)

show

ブログ(5423件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月12日~09月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月12日~09月19日

もっと見る