新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

生活習慣病領域に対する薬剤師の認識度|1.高血圧編

生活習慣病領域に対する薬剤師の認識度|1.高血圧編

2012年09月11日 (火) 09時00分配信 投稿日:12/09/11 09:00 icon_view 834view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 834view

(2.骨粗鬆症編)はこちら
(3.糖尿病編)はこちら

高血圧、糖尿病および骨粗鬆症関連の患者数の認識については、推定高血圧患者数は約4000万人、推定糖尿病患者数は可能性を含めると2210万人(足潰瘍患者数は約6万人)、推定透析患者数は約30万人、推定骨粗鬆症患者数は約1000万人であったが、正解に近い回答数は少なく、患者数に対する認識は少ないことが示されました。

A1 
A1-1
A3
A3


高血圧は 保険薬局の薬剤師が力を発揮できる重要な疾患であるが、その一方で、他の医療職との連携において重要なキーワードや情報については、まだまだ十分把握できていない現況も浮かび上がっています。

この機会に ぜひ、専門家としての一歩を踏み出していただければと思います。



ココヤク運営事務局

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20173件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月17日~11月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月17日~11月24日

もっと見る