運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

生活習慣病領域に対する薬剤師の認識度|1.高血圧編

生活習慣病領域に対する薬剤師の認識度|1.高血圧編

2012年09月11日 (火) 09時00分配信 投稿日:12/09/11 09:00 icon_view 834view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 834view

(2.骨粗鬆症編)はこちら
(3.糖尿病編)はこちら

高血圧、糖尿病および骨粗鬆症関連の患者数の認識については、推定高血圧患者数は約4000万人、推定糖尿病患者数は可能性を含めると2210万人(足潰瘍患者数は約6万人)、推定透析患者数は約30万人、推定骨粗鬆症患者数は約1000万人であったが、正解に近い回答数は少なく、患者数に対する認識は少ないことが示されました。

A1 
A1-1
A3
A3


高血圧は 保険薬局の薬剤師が力を発揮できる重要な疾患であるが、その一方で、他の医療職との連携において重要なキーワードや情報については、まだまだ十分把握できていない現況も浮かび上がっています。

この機会に ぜひ、専門家としての一歩を踏み出していただければと思います。



ココヤク運営事務局

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月19日~06月26日

もっと見る