運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

疑義ってる!?

疑義ってる!?

2013年04月12日 (金) 09時00分配信 投稿日:13/04/12 09:00 icon_view 706view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 706view

薬剤師の業務のうち、苦手意識が強い疑義照会。
今回は、そんな疑義照会の現状について徹底調査しました。
 

Q1.あなたの処方箋受付枚数(1日平均)を教えてください

Q1


Q2.1ヶ月で疑義照会を行う頻度を教えてください

Q2
 

Q3.疑義照会に対して苦手意識はありますか

Q3

<ないと答えた人の理由>
・用法など明らかな間違いが多いため。
・処方せんを受けている医院との関係が良好なため。
・頻度が高いため慣れてきている。日に平均3回。
・きいておかないと不安で仕方がない。

<あると答えた人の理由>
・どこまで照会してよいかわかならない。
・自分自身が勉強不足のため。
・医師にそんなことで電話をかけてくるなと言われたことがあるから。
・在庫のない薬の問い合わせが多いため、医師が不機嫌になる。
・聞きたいことが相手に正しく伝わるか気を使う。
・嫌そうな対応をされる。事務員、看護師に内容を説明するのが大変。
・病院だと、いくつもの部署を経て質問が届き即答してもらえない。

 

Q4.疑義照会の時、何があればあなたの助けになりますか?

Q4


Q5.忘れられない疑義照会のエピソードを教えてください

・現在の勤務先に着任時には医師及び看護師から処方せん通り薬を作って渡せばよいと言われていたが、疑義の根拠をしっかり説明することを続けた結果、今では薬に関することは何でも薬局に聞けばよいと思われるようになった。薬局でもそれに答えるよう情報収集など常に怠らないようにしており、薬局としても業務の向上につながっている。

・1型糖尿病の方にSU剤が出ていて疑義照会をしたところ、広域病院の薬剤部からは「医師の処方通りで問題ありません」と回答してきた。しかし、その次の処方ではSU剤が削除されていて、患者さんには何も説明が無かった。真相は謎のままだったが、今でも処方ミスだったんじゃないかと思っている。

・疑義照会をしたところ、「以前の医師からの引き継ぎで出しているだけだから、そんなことは知らない」と言われた。医師は何を診察されているのかと、この時ばかりは思った。

・抗生剤が倍量投与だったので確認したが、クリニックに呼びつけられ、適宜増減の範囲内だと怒鳴りつけられた。

・患者様が医師に伝えきれなかったことを疑義照会によって伝えられ、不要な薬を持ち帰らずに済んだり欲しい薬を出してもらえて患者様からの信頼度がアップした。

・疑義照会は薬剤師の存在を示すことができる。今では幹部会議の資料として提出されようになった。

・小児用量などを問い合わせしてくれるようになった。

・こちらが当然と思う内容で疑義照会をしたら患者さんに「勝手に問い合わせするな」と怒られた。

 

■期間:2013/3/22~3/29
■対象:薬剤師
■回答数:n=91


ココヤク運営事務局

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5598件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る