新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師の出産事情|子どもは何人ほしい?出産後の働き方は?

薬剤師の出産事情|子どもは何人ほしい?出産後の働き方は?

2013年06月21日 (金) 09時00分配信 投稿日:13/06/21 09:00 icon_view 553view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 553view

結婚・出産・子育ては、薬剤師としての仕事を続けていく上で重要なテーマですよね。今回は、その中から「出産」に関して薬剤師アンケートを実施しました。男性側の意見も聞いてみましたので、女性薬剤師はもちろん、男性薬剤師の皆さんも、ぜひ読んでみてくださいね。それでは、アンケート結果を見ていきましょう。

*この記事は2017年9月6日に更新しました。

 

【関連テーマのQ&A】
Q.女性は妊娠、出産を行うとパートに切り替わる方が多いと聞きました…
Q.「病院の託児所に子どもを預けている」という話を聞きました…
Q.結婚や出産を経ても働き続けたい、というのは大前提で話をすすめさせていただきます…
Q.ようやく子育ても一段落し、今度はパートで調剤薬局で働きたいと考えていますが…

 


■Q1. 子供は欲しいですか?/お子さんはいらっしゃいますか?


 

画像1


■Q2. 子供は何人欲しいですか?/お子さんは何人いらっしゃいますか?


 

画像2


■Q3. 何歳で第1子を出産したいですか? 第1子を出産しましたか?


 

画像3


■Q4. 出産後も仕事を続けますか?/続けていますか?(男性の場合は、奥さんに出産後も仕事を続けてほしいと思いますか?)


 

画像4


■Q5. 仕事を続ける場合、どのような形で続けますか?(男性の場合は、奥さんの場合を想定してお答えください)


 

画像5


■Q6. 出産について、何か不安や悩み、ご意見、アドバイスなどをぜひお答えください


 

・ちょっとした痛みでも我慢出来ないのに、陣痛に耐えられるか不安です。その前に結婚できるか心配です(切実)

・まずは嫁が欲しいです。。。

・すでに38歳(独身)なので、実際は子供が産めるかどうか不安がある。産みたい願望と現実とのギャップがある。

・つわりなどがひどい時に、ちゃんとミスなく業務をこなせるかが心配。

・職場によるとおもうが、育児休暇はどの程度とれるのか。

・自営の為、収入の増減があるので、収入が少なくなった場合に金銭面や時間をどれだけ子供にかけられるかなどが心配。

・出産直前まで勤務をしており(退職させてもらえなかった)、調剤時に散剤を吸いこんでしまうのが心配だった。

・出産後も仕事を続けたい場合は保育所など子供の預け先を確保するのが難しい。

・私は子供が小さいうちは家にいたいと思っていたので、結局10年もブランクがあいてしまいました。育児中も勉強をしていれば良かったのですが、子供中心の生活で何もしていなかったため知識もなく、パートとして働き出したものの職場の上司には呆れられる始末・・・

・子育ては勉強になります。患者さんに経験からの的確なアドバイスもできますしね。

・色々事情があって高齢出産になってしまったので、せめてあと5歳若かったら…と思っても今更ですが。これからの方はぜひせめて30歳代前半までに出産されることをおすすめします。

・小さい子どもがいて妊娠中にも管薬をしていた。急に休むことが多く迷惑をかけることも多かったが回りの支えで続けられた。出来ないことがあってもできる事を頑張れば認めてもらえると思ったし、職場の理解を得るのは重要だと思った。


<まとめ>

「子供が欲しい」または「すでに子供がいる」と答えた人は、全体の約80%。ほとんどの薬剤師・薬学生が出産や子育てに関心を持っているようです。また、子供の人数については「2人欲しい」(または、すでに子供が2人いる)との回答が最多でした。続いて、Q4の「出産後も仕事を続けますか?」の質問では、約90%の方が「出産後も仕事を続けたい」と回答。ただし、育児休暇の取得期間については、「数ヶ月」~「3年以上」まで、様々な見解があるようです。また、出産後の勤務形態は「パート」や「正社員での時短勤務」を希望する人が60%以上いる一方、「独立・起業する」と答えた人も30%近くいました。さらに、Q6のフリーアンサーでは「そもそも出産の前に結婚ができるのか」という声や、「職場復帰後に仕事についていけない」、「体力的にしんどい」などのお悩みが多くありました。

こうして見てみると、本当に様々なお悩みがありますね。結婚・出産・子育てに関しては、経験者の皆さんのアドバイスを参考にしつつ、慎重に判断したいところでもあります。仕事を続ける場合には、理解のある職場環境も必要ですね。現実の問題は色々ありますが、薬剤師同士、また、家族やパートナーと支え合いながら、安心できる家庭、職場環境を作っていきたいものですね。


■期間:2013/6/7(金)~6/14(金)
■対象:薬剤師、薬学生
■回答数:n=113


ココヤク運営事務局

 

【関連アンケート記事】
・薬剤師の結婚後・出産後の働き方
・薬剤師の恋愛事情
・薬剤師の結婚観|理想の結婚相手や年収は?

 

【関連記事】
・女性薬剤師は他と比べて「リア充」を自覚している!?
・女性薬剤師の復職支援はどうなるか
・【ライフ】薬剤師の結婚年齢
・【ライフ】少子化とセックスレス
・【ライフ】現代「離婚」事情
・ライフスタイルの変化にあわせて働き方も変えたい!
・妊娠中の栄養管理(健康食品アドバイザー講座)

 

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19947件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5649件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月14日~09月21日

もっと見る