新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師に聞く!調剤業務の改善案とは?

薬剤師に聞く!調剤業務の改善案とは?

2013年10月25日 (金) 09時00分配信 投稿日:13/10/25 09:00 icon_view 749view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 749view

ほとんどの薬剤師さんが調剤業務の中でのミスの経験があり、多くの方が実際に患者さんが不快になった経験をしています。トラブルのリスクを減らすためにいろいろな工夫がされていますが、今回は調剤業務を中心にどのような改善がされているのかについて調査いたしました。

*この記事は2017年9月5日に更新しました。

 

【関連Q&A】
Q.皆様の薬局では、在庫管理ってどうされてますか?
Q.よく出る医薬品に関しては何日分ぐらい在庫していますか?
Q.うちの病院薬剤部は時間的、物理的にかなり人手不足です…
Q.一人あたりの薬歴にどれぐらい時間がかかっていますか?
Q.結局患者さんに尽くすということは毛頭考えておらず、効率だけを求める状態で…
Q.調剤技師制度は本当に実現するのでしょうか??

 


■Q1. 調剤業務を行う中で、業務の改善や工夫をしたことがありますか?

自分の判断や部下・同僚から提案された場合の業務改善については、実行率が高かったのに対し、上長へあげた業務改善提案については、実行率は5割を少し超えるにとどまり低い結果となりました。上長と部下の間の認識の差もあるのかもしれません。

Q1
 


■Q2. どのような業務に改善が必要と感じていますか?(改善済みも含む)

改善が必要と思われる業務は、調剤過誤・在庫クレームのミス防止に直接関わる項目と受付・服薬指導業務といったお客様へのサービス面での項目が上位となりました。ミスの中で多いで薬剤数や規格違いに関連してピッキング業務も上位となっていました。

Q2



■Q3. Q2でお答えの具体的な内容を教えてください。

調剤過誤防止等については、ダブルチェック・ヒヤリハット記載・導線変更・棚やトレーの工夫・処方箋との紐付け等が、在庫発注関係では、記録・発注のタイミングに、受付ではスピードアップのための効率化や情報提供に対する工夫が行われていました。
 

【調剤過誤防止・疑義照会】
・動線を考える
・処方変更があった場合は入力者が調剤者・監査者に伝えるべく、タグをつけて調剤側に回す
・処方箋受付時に薬剤師が簡単に内容を患者さんと相互に確認する。
・レセコンへの入力を事務スタッフではなく薬剤師が行う。
・ピッキング:錠剤抽斗の改善(同じ抽斗に2種類以上の薬剤が入っていたため識別強化を図った)
・疑義照会:一定の様式を作成し、照会手順等の均一化と記録を残すようにした
・散剤の調剤の流れ、必ず体重を確認してから調剤に入ること。
・処方箋のコピーを取らないので、調剤過誤の防止のためにもコピーを取ることを提案したが、会社の方針とのことで受け入れられなかった。
・私が入局するまでは散剤の調剤はピッキングや秤量の計算などすべてひとりですることになっていたのですが(自動監査装置などなし)誰かに確認してもらうことになりました。
・ヒヤリハット記載
・処方箋受付時の処方鑑査導入、電子薬歴導入、散剤分包品の採用、散剤分包機・錠剤分包機(リース機器)の変更、ピッキングルール作成、散剤調剤時の取り違え防止ルール作成、DI用PC導入
・受付でお薬手帳を預かるが、入力時に他の方のものと取り違えることがあるので調剤で使うトレーにあらかじめ入れておくといい。
・処方箋と受付時の入力の順番が異なると監査時の過誤を起こしやすい。そのため、必ず処方箋と同じ順番で入力するように指導した。

【在庫クレーム防止・ロット管理】
・散剤開封日をノートに記入する事で、予製作成時の散剤LOTが分かるように提案し、採用された。
・錠剤分包のLOT記入、錠剤シートのLOT部分を切っておくことは、いくら提案しても、採用されないため、独自に行っている。
・発注・在庫管理:統計的に適正在庫数を把握し、出庫時点で発注票を出す方式にした *発注システム導入
・期限切迫品のリストを作成し、毎月更新した。

【受付・お客様サービス向上】
・服薬指導:機械化(支援支援システムの導入と最適化)
・受付時に処方箋をコピーして入力と同時に調剤を行う
・分包紙の名前の事前登録
・薬袋に薬効を記載する希望のある患者様へ、毎回手書きで書いていたが、レセコンの薬品メンテナンスで薬品名の横に薬効を追加し、自動で表示されるようにした。該当薬剤は全ての患者様に表示されるが、今までクレーム等を受けたことはない。



■Q4. 業務改善や工夫が実行できない理由はありますか?

業務改善の壁については、お金・時間・手間等をおさえ上長の認識不足が一番多い結果となりました。提案が実行されないことに対し納得できず不満をもっていたり、わかってもらえないもどかしさを感じていることがわかりました。

Q4
 

【その他】
・そんなものと思っているから
・提案などを薬局長が聞いてくれないと思う
・チェーン薬局のため全店で足並みを揃えてやらないと効果が出ないため。
・待ち時間のクレームが多いため、薬が用意出来たらメールを送るサービスを提案したが、個人情報保護の観点から実行不可能であった。
・慢性的な人手不足



■Q5. 業務改善の効果のあった事例や苦労などを教えてください。

改善成功例では、統計手法の導入や機械化による合理化の他に、棚のちょっとした工夫等で時短とミス減少につなげていました。苦労としては、費用対効果を含めた改善の必要性の説明をし、納得して動いてもらう難しさがあげられています。
 

【効果】
・統計的手法により、デッドストックを大幅に減らせた他、照会について記録を残すことで疑義照会の傾向と対策を練ることができた。
・処方箋をコピーして入力と同時に調剤することで時間を半減できた。
・軟膏練り器を入れて後片付けの手間や拭き取り用のティッシュ使用量が減った。
・焦りや業務の負担が減り、ミスの頻度も減った。
・初期設定は大変だが、それが終わるととても楽になる。
・機械化・電子化は積極的に進めるべき。残業時間が格段に減り、システムリース費以上に人件費が削減できました。
・インシデントの多い薬品の棚に、注意喚起の札をつけた
・入力のインシデントが多いため、後発医薬品の薬品名が変わったときは朝のミーティングで伝達している。
・棚変えがあり、規格違いの物が同列になるべく来るようになったのをきっかけに、左側に小さい規格をおくように決めたら、時間短縮かつ、探しやすくなった分、規格間違いも減った。

【苦労】
・入力者全員が実行しない、やんわりと言ってもその場のみしかしない。
・時間がない。
・あまり使わない薬が処方されたときなど探すのがたいへん! そこで配置ノートをつくります、と提案したのですが即却下されました。
・自部署だけで、できる業務改善ならいいが、他部署が関わるものだと年単位での改善となる。
・細かい内容の改善だと、直接業務に関わる事の少ない上司が、その改善の必要性を理解できず、許可がでないことが結構ある。
・置き場所を変更する程度の事でさえ、皆が納得できる明確な理由の説明が必要
・改善するのに人を動かし理解してもらうのが大変だった
・費用対効果が出るかの計算が難しい。

【失敗】

・監査の機械を入れたのですが、誤認識を良くするため、あっている数でも直ぐにエラーが出る。余計時間がかかってしまうので、失敗事例。

【問題点・その他】
・今のところ特にないです
・今の勤務先では業務改善は行われていない
・些細な変更さえも許可されないような環境だと、後輩達が意見をしなくなり、いい改善案が出されない。


調剤室は共同の作業場であり、業務改善において上長の承認が必要であったり、同僚や部下の協力も必要だったりします。そのため改善提案に納得してもらい動いてもらうというハードルを越えなければなりません。
一方、多くの薬剤師さんが調剤過誤や在庫クレームのミスを無くし、お客様サービスのため業務改善が必要と考えています。機械やシステムの導入で業務が効率化し、時短によるお客様サービスとミスの軽減につながっている例もありました。
費用対効果を考え、棚の並べ方や作用の流れのちょっとした工夫など身近なところからも改善した例もありました。
意見を出し合い、他の人の意見や悩みも聞き、同じ目標に向かって改善提案のメリットやデメリットを話し合ってみるのもよいかもしれません。


■期間:2013/9/20(金)~9/27(金)
■対象:薬局薬剤師
■回答数:n=58   


ココヤク運営事務局

 

【関連記事】
・コア業務とノンコア業務
・ノンコア業務を効率化した2例
・改正薬事法にスマートに対処してますか?

 

【関連アンケート記事】
・薬局の在庫管理|薬剤師174名が回答!薬局のデットストック対策とは?
・容器と製剤の改善案|となりの薬剤師のホンネ
・調剤棚の工夫とこだわり|となりの薬剤師のホンネ
・薬剤師が今、一番ほしいものは「分包機」!?

 

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月15日~11月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月15日~11月22日

もっと見る