運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

「薬剤師による女性の健康支援」

「薬剤師による女性の健康支援」

2013年11月01日 (金) 09時00分配信 投稿日:13/11/01 09:00 icon_view 377view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 377view

昨今、女性の医療の領域では、「月経困難症、子宮内膜症、筋腫」「不妊治療」「出生前診断」「子宮がん検診・乳がん検診」「HPVワクチン」「骨粗鬆症による骨折の増加」「女性の寿命の延長と健康寿命の解離」など様々な課題があります。薬剤師はその職能と「薬局」という健康に関するフリーアクセスの機能と広報機能を持ち合わせることから、女性の健康支援に関して重要な職責を果たすことができると考えています。今回、現況を把握するためのアンケート調査を実施致しましたので報告いたします。

■Q1. 女性の健康に関して、薬剤師が服薬指導や商品説明、用語説明をする機会のある用語についての認知度

女性医療に関わる用語について、「得意」と回答した薬剤師は全27項目で2割に満ちていませんでした。普通にはできるまでカウントした場合、5割以上の薬剤師ができると回答した項目が10項目でした。一方すべての項目で2割以上の薬剤師が「自身が無い」と回答しています。薬剤師が体系的に女性医療を学ぶことの重要性が示されています。

image1

n=55


■Q2. 以下の項目について、大学・卒後研修で学習したことはありますか。

女性医療については、薬学部での指導内容(カリキュラム)にも課題があり、この領域の指導内容は非常に薄いことが分かります。特に医学部等との併設でない大学については、女性医療専門の教官が教えていない場合も多く、薬についてのみの履修となっていることが多い背景があります。卒後教育まで含めますと、疾患に直接的に結びつくものの履修率は上がります。一方、基礎体温、排卵、月経のしくみ、月経記録など直接的に一般女性のセルフアセスメントやフィジカルチェックに関連する保健教育の部分での習得割合が低いことが示されます。薬局の店頭で日常的にできるフィジカルチェックの指導は、大変重要です。ぜひ多くの薬剤師に学んでほしいと思われます。

image2

n=55



(次ページ)■Q3. 今後研修したい項目はどのようなものですか?・・・


Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1274件)

show

2016.11.29 new 219.この状況下で最優秀賞なしという現実 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.24 new 35.同業だからこそわかる!?「薬剤師が選ぶ、不安… 【オモテに出ている裏話】

2016.11.22 218.やっぱり好評だったアノ一冊 【薬剤師業界のウラガワ】

2016.11.17 81.薬局の多様化 【世塵・風塵】

2016.11.15 217.ちょっと黙れと言い放った 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18409件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5379件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月29日~12月06日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月29日~12月06日

もっと見る