新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

あなたの薬局はどうしてる?ジェネリック医薬品の選び方

あなたの薬局はどうしてる?ジェネリック医薬品の選び方

2013年12月06日 (金) 08時00分配信 投稿日:13/12/06 08:00 icon_view 453view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 453view

来年は、診療報酬・介護報酬同時改訂があり、先行きがいろいろ気になるところですが、ジェネリック医薬品の使用促進がさらに進むのは確実そうですね。しかし、周りの薬剤師さんからは、多数あるジェネリック医薬品をどのように選択していいのか悩んでいるという声も。そこで、ジェネリック医薬品の採用にあたりどんな基準で選んでいるのかをお聞きしました。
 

■Q1. あなたが勤めている薬局では、どのメーカーのジェネリックを採用していますか?

メーカー別ジェネリック採用ベスト3は、品目数も多くCMなどでおなじみのジェネリック専業メーカーが占めています。しかし、ベスト5でみると先発メーカー関連のメーカーと外資系メーカーが滑り込み、参入競争が激しくなっているのがわかります。

 

 
bk_article_dotline
 

■Q2. あなたの職場で、誰がジェネリック医薬品を決定していますか?

ジェネリック医薬品の採用決定は、約8割の人が「薬局長・管理薬剤師」又は「薬剤部長」のいずれかを選択していて薬剤に詳しい現場責任者となっていました。その他としては、みんなで決める、門前病院の採用品としているといった回答になっていました。

 

 
bk_article_dotline
 

■Q3. Q2のジェネリック医薬品の採用決定者はあなたですか?

今回の調査に回答していただいた人の1/3強はジェネリック医薬品の採用決定者で、8割近くが薬剤師経験年数10年以上で、1年未満の人はいませんでした。10年未満の人はすべて薬局長若しくは管理薬剤師で現場の責任者となっておられる方になっていました。

 

 
bk_article_dotline
 

■Q4. ジェネリック医薬品の採用にあたり、重視する項目(選択基準)はどのようなことですか? (『品質』以外の要因でお答えください)

ジェネリック医薬品の採用理由に、多くの人が安定供給をあげています。安定した在庫確保関連の他には、間違いにくさ、開けやすさなど調剤に際してのユーザビリティに対するポイントが高く、薬価・納入価に関連した項目が続いています。

 

 
bk_article_dotline
 

■Q5. Q4の中で、特に重視することを3つ選択してください

採用での重視項目においては、安定供給や在庫融通性に続き、薬価・納入価関連項目が、ユーザビリティ関連項目よりも多くなっていました。MRからの情報関連・規格の品揃えに関しては、それほど重要視されていないようです。

 

 
bk_article_dotline
 

■Q6. あなたがジェネリック医薬品を採用する上で、困っていることや悩んでいることがあれば、教えてください。

安定供給・不良在庫となることに関する不満、条件にあった製品がないといった悩みの他、ジェネリックの効果や安全性を疑問視する意見もありました。ミスの原因にもなりかねない販売名やPTPの変更や品目数増加に対する不満なども複数ありました。

 

・添加物等がほぼ同じGEを採用しようとしても、ほとんど流通してないとかで納入に時間がかかる
・本当に先発と効果に違いがないのか、自主回収などあると心配
・翌日配送が難しいこと
・実際に良く効くのか不明。吸収は良いのか?
・副作用情報が不明。Brandの情報をCopyしている。安定性は、「推察される」と言う表現は、安定性試験の結果が十分ない事を意味する。
・後発メーカーは医療従事者向けの薬剤の勉強会ができない。
・包装単位。先発品とのPTPや形状の違い。
・頻繁にPTPを変えないでほしい
・基本的に先発1つにつきジェネリックは1種類に抑えたいのだが、「変更不可」にチェックを入れて後発品名を記載してくる医院があったり、近隣でよく処方される後発品目以外のものをチェーン本部が指定してきたりすると、どんどん品目が増えてしまう。
・コールセンターがいい加減。情報を請求しても先発メーカーに聞いてくださいという無責任さ。
・急に発売中止になる。先発品に比べてヒートから取り出しにくいものがある。
・ヒートの取り出しが悪いのと財形の作りがあらい
・あまり流通していないジェネリック品を処方せんに変更不可で記載されてきた。卸から納品後、調剤、監査して投薬。その後、処方が出なくなり、不良在庫となることが何度かある。
・先発品との差は本当に無いか
・実際には、入荷に時間がかかるものが多い。
・ウィークリーシートのみで、10錠シートがないジェネリック医薬品がある。(ウィークリーシートは数えにくい)
・最近、販売名変更が多くて困る
・データ開示が悪いメーカーがある。
・製剤見本が手に入らないものが多い。特に散薬は味が確認できない。(小児科処方箋割合が多いため)


<まとめ>

ジェネリック医薬品の市場には、ジェネリック専門メーカーのみならず、先発メーカー関連のメーカー、外資系メーカーも参入し品目数も増えてきて、採用品の選定も重要になってきています。そんな中、採用品の選定については、多くのところで現場を良く知る薬局長や管理薬剤師といった責任者が携わっていました。
採用で重視する点は、安定供給、薬価・納入価、ユーザビリティ(わかりやすい、開けやすい、間違いにくい等)の順で高くなっていて、多くの方がジェネリック医薬品の在庫管理の難しさを感じているのではないでしょうか。
悩みとしては種類が多くて困るという一方で、剤形や添加物・規格等条件にあったものがなかなか見つからないといった意見があり選択に苦労されているようです。

■期間:2013/11/15(金)~11/22(金)
■対象:薬剤師、薬学生
■回答数:n=119


ココヤク運営事務局

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5571件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る