新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬局の掃除|調剤室や分包機の掃除方法は?

薬局の掃除|調剤室や分包機の掃除方法は?

2013年12月27日 (金) 08時00分配信 投稿日:13/12/27 08:00 icon_view 2419view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 2419view

大掃除の季節となりましたが、薬局は口に入れる薬を渡す所であり清潔感が大切です。薬局がきちんと掃除されているかどうかは、患者さんからみた薬局の印象を決めている重要な要素でもあります。薬局の掃除方法はいろいろあると思いますが、衛生空間としての薬局で薬剤師のみなさんが、どのような頻度で、どうやって掃除をされているのかについてお聞きしました。また薬局の掃除について工夫することについても参考になればとお聞きしています。


*この記事は2017年8月18日に更新しました。
 
【関連Q&A】
Q.長期休みの前に行う調剤室での大掃除、どういった事をしますか?
Q.ドライシロップ剤の処方が多いと、分包機のメンテナンスが大変…
Q.散薬分包機の掃除はどのようにされていますか?
Q.今まで分包機の掃除をアルコール綿でしていたのですが、水のほうがいいよ…
Q.軟膏板などの清掃に使うアルコール綿は、どういったものを使っていますか?

★薬剤師のQ&Aで業務の疑問を解決!
→会員登録(無料)はこちら


■Q1._あなたが勤務している薬局は、きれいだと思いますか?

「まあまあきれいだと思う」と回答した人が約半数になっていました。「あまりきれいではないと思う」、「きたないと思う」を合わせた回答が全体で30%となっていて、薬局の経営者・オーナーで16.7%なのに対し、勤務薬剤師では34.9%で、立場の違いにより感じ方に違いがあるようですね。「小さなゴキブリがたくさん」といった調剤する場所としては気になるコメントもありました。

 

image023

 

bk_article_dotline

 

■Q2._調剤室の主な場所(床や棚等)の掃除頻度を教えてください。

調剤室の主な場所の掃除は、7割が1日1回の頻度のようです。「床は毎日、棚は適時」、「気づいたら」とメリハリをつけているコメントもありました。2013年の前回調査と比較すると、若干ですが1日2回以上の割合が減り、1週間に1回程度という回答が増えている傾向がありました。1週間に1回程度という回答も、薬局の経営者・オーナーで0%なのに対し、勤務薬剤師では12.4%になっていてギャップがみられるようですね。

 

image024

 

bk_article_dotline

 

■Q3._通常、調剤室の床の掃除はどのように行っていますか?

調剤室の床の掃除には、過半数の人が掃除機を使っていました。ほうきで履く、濡れた雑巾・モップ、乾いた雑巾・モップもそれぞれ3割の回答となっていて、複数の掃除法を場所や状況によって使い分けていることがうかがえます。中にはひと月に1回とか年に2回とかの頻度で専門の掃除業者に依頼しているというコメントもありました。掃除の方法については、前回の調査とほぼ同じ結果になっていました。

 

image025


★薬剤師のQ&Aで業務の疑問を解決!
→会員登録(無料)はこちら


■Q4._分包機の掃除頻度と方法を教えてください。

「患者ごとに、表面をバキュームのみで掃除」との回答が約6割となっていて、「1日1回、バキュームのみでなく中まで掃除」が次点回答で約2割となっていました。バキュームの後や、劇薬・色付き抗生剤の後に重曹で掃除しているというコメントもありました。患者ごと・薬剤の特徴が変わるごとにバキュームのみで掃除し、1日1回中まで掃除するケースが多いようですね。前回と比較すると1日数回程度掃除する人の割合が減って4~7日に1回中まで掃除する人の割合が増えています。

 

image026

 

bk_article_dotline

 

■Q5._水剤を量るメートグラス(メートルグラス)は、製剤を量るごとに流しに設置された噴霧型の洗浄器具で中を洗うと思いますが、それ以外はどのようにケアしていますか?

外はどのようにケアしていますか? メートグラスは、約半数の人が製剤ごとに噴水型の洗浄器具を使って洗っていて、ブラシや洗剤を使うと回答した人より圧倒的に多くなっています。水溶性のものは水洗いのみ、油溶性のものはブラシ+洗剤といったように、製剤の特徴に合わせて洗浄方法を変えている方もいるようです。メートグラスをあまり使用しないという人も約16%いました。

 

image027

 

bk_article_dotline

 

■Q6._あなた自身、または、あなたの薬局で工夫している掃除の仕方があれば教えてください。

バキュームが効かないところは綿棒を使用したり、分包機の清浄にガーゼを使ったり、しつこい汚れにはエタノールを噴霧したりといろいろ工夫されているようです。空気洗浄機を何台も設置しているところもあるようです。ミニタオルなどの清掃グッズを常に身近に置いておく、計算機をラップで包むといったような工夫もありました。清掃・清拭の順番もきちんと決めて行っているところや、毎朝全員で清掃しているところもありました。

 

*ハンディクリーナーを置いている
*空気清浄機を幾つも設置している。
*散薬分包機は自分達で可能な範囲で分解して水洗い
*色が付いている粉薬を分包した後は、できるだけ重曹で掃除をしている。
*バキュームの効かない場所は綿棒で拭いている
*ほこりや粉はウェーブハンディーワイパーで、しつこい汚れはエタノールをスプレーボトルに入れ噴霧して拭き取る。
*掃除の工夫ではないが、汚れやすい散剤は時間のある時にたくさん予製しておく。
*投薬台調剤台はアルコール、椅子はマイペットで拭き掃除。窓も全部拭き掃除。もちろん看板も。毎日朝全員がやっているので、横のクリニックに並んでいる患者さんが珍しそうに見ています。そのクリニックは外を一切やらないので、やっているのかわからない。マンションの1回にクリニック2つと薬局が並び、駐車場が前にあるのですが、クリニックは一切はき掃除をしないので、たまに薬局長(私)が落ち葉を見かねて掃除しています。スタッフ教育なんてしてないんだなと思います。よく突合報告が来るので(笑)
*Vマスはティッシュでふくと紙の屑が落ちてしますので紙製のガーゼを使ってふいています。使い捨てなのでとても清潔です。
*ガラスをブラシ掃除するのは、細かいキズがつき、コンタミネーションを引き起こすので極力避けるべきとしている。
*ミニタオルをそばに常備している
*患者がこない時間にお掃除タイムと割り当て表を作っている
*雑用をしてくれるパートさんを雇って、毎日掃除してもらっている。
*色が着く薬品の後は乳糖を撒いて適当に分包して乳糖で洗っている。
*掃除には手が回っていない現状です
*粉測定用の天秤近くに置いてある電卓は、サランラップで全面覆い、粉が入り込まない様にしている。過去に電卓ダメにした時があったので。
*毎日散薬分包機をフッ素スプレーをしている。
*毎日棚・作業台上・床を湿式清拭。エリア分け(無菌製剤エリア、注射剤、内服剤、物流エリア)し、清掃用具(モップやクロスなど)も分ける。
*清掃の順番も感染予防の基本に則り、①奧から手前に拭く②上から下に拭く③清潔から汚染区域に向かって拭く。
*清拭の際は①モップは床から離さないこと②床から持ち上げないこと③一方向に清拭することを順守。


<まとめ>
医薬品を扱う薬局は、特に衛生面で注意が必要で、薬局の清潔度度合は、患者さんが薬局を決める一つの要因にもなります。全般的に前回2013年の調査とほぼ同じ結果がでていますが、分包機の掃除などでは、頻度が少なくなっている傾向が若干ですがみられました。
薬局がきれいと思うか汚いと思うかの質問に対しては、きれいと思っている割合が多かった薬局の経営者・オーナーと、汚いと思っている勤務薬剤師では感覚の違いがみられました。現場の人のほうが汚いところも見てしまっているとも取れますし、職務としてシビアな目で見ているともいえます。床掃除は、ゴミの種類や状況によって掃除機に加えほうきや雑巾・モップが使いわけられているようです。分包機は患者ごとにバキュームで、1日1回は中までという回答が多くなっていて、バキュームでは取りきれない部分は綿棒などを使って工夫して汚れを落としているようですね。メートグラスは、製剤ごとに噴水型の洗浄器具でというのが多数派になっていて、あまり調剤では使わないという方もいました。
掃除の工夫は、最近いろいろ出ている掃除用グッズを使っているというコメントも目立ち、また朝全員で掃除するといった所もありました。一人一人の工夫はもちろんですが、薬局は共同の作業場なので、全員でルールを決めて掃除をしていくということも重要なことかもしれませんね。患者さんが少ない時間帯に予製をしたり、掃除をしたりといったように時間的な工夫もありました。

■期間:2015/11/6(金)~2015/12/4(金)
■対象:薬剤師、薬学生
■回答数:n=190

ココヤク運営事務局

▼▼会員登録(無料)はこちらをクリック▼▼
banner

 

(次ページ)2013年のアンケート結果は・・・

続きを見る

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20164件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る