新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師109人が回答!調剤棚の工夫とこだわりとは?

薬剤師109人が回答!調剤棚の工夫とこだわりとは?

2014年03月28日 (金) 08時00分配信 投稿日:14/03/28 08:00 icon_view 450view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 450view

調剤業務を行うにあたり、調剤棚の工夫は、ピッキングミスの防止や調剤過誤を防ぐ観点から非常に重要なポイントです。調剤棚の工夫やこだわりについての現状を把握するとともに、日頃皆様が調剤ミスを防ぐために行っている工夫を共有し、今後の業務の参考にできればと思い、掘り下げていろいろとお聞きいたしました。

*この記事は2017年9月19日に更新しました。

 

【関連Q&A】
Q.皆さんの薬局では、同じ成分の先発とジェネリックはどのように調剤棚に並べていますか?
Q.調剤棚が、薬効順とあいうえお順で、効率やリスクを考えて、どちらが上なのでしょうか…
Q.調剤棚の配列や粉薬の監査でこうすると良いかも?など皆さんの意見を教えて下さい!
Q.薬品棚の劇薬エリアに、赤テープなどで枠を囲むのは、法律で決まっていることでしょうか?
Q.ちゃんと固定された鍵のかかる棚に医薬用外劇物と表示して医薬品とは区別していますが…

 

■Q1.あなたの薬局で設置している調剤棚は、どのようなものですか?

薬局の調剤棚については、9割が既製品のものを使用していました。オリジナルの調剤棚が設置されているのは、ほとんどが5店舗以下の薬局となっています。店舗内のスペース的な問題が影響しているのかもしれませんね。
 


 


■Q2.調剤ミスを防ぐために、調剤棚に何か工夫していることはありますか?

調剤ミスを防ぐための工夫については、6割以上が誰が来てもすぐにわかるよう五十音順に並べたり、規格違いがよく分かるように目印をつけていることがわかりました。「精神科のみ纏めている」「糖尿病薬は場所を分けている」という所もありました。
 



■Q3.棚卸は、どのくらいの頻度で行いますか?

棚卸の頻度は、半年に1回の所と1年に1回の所で8割近くを占めていました。5店舗以下の薬局では1年に1回、6店舗以上の薬局と病院・クリニックでは半年に1回という所が多くなっています。「ハイリスク等は毎日、他は数か月単位で」とメリハリを付けている所もあるようですね。
 

Q3



■Q4.調剤棚やその周辺に関して、何かこだわっていることはありますか?

調剤棚やその周辺へのこだわりについては使いやすくしている所が約半数になっていて、おしゃれにしているというところは1件しかありませんでした。「よく使うものとそれ以外に分けている。」など調剤ミス防止や作業効率を考えたこだわりもあるようですね。
 

Q4



■Q5.調剤棚やその周辺に関して、何かこだわっていること(使いやすくしている、おしゃれにしているなど)がありましたら、具体的に教えてください。

頻度が多いものを取りやすくするという回答が複数ありました。規格違いについては、あえて隣に置くという所と離して置くという所があり、考え方の違いになっていて面白いですね。シール等を使って注意喚起をしているところも結構あるようです。
 

・ジェネリックがある商品には、小さいシールにそのジェネリックの名称を書いて貼っておいています。
・ジェネリックの取り扱いがある薬の棚には赤いシールを付けて、脇にジェネリック医薬品の名称を書いて、わかりやすくしている。
・禁忌の薬をメモに書いて貼っている。
・規格が複数ある場合はバックの色をかえる
・規格違いはあえて隣におく
・調剤ミスを防ぐ為に規格違いの薬剤は離して置いている。
・たくさん出る薬は、五十音に関係なく大きなトレイに入れている
・よく処方される薬は上の棚に、たまにでる薬は下の棚に入れるようにしている。五十音順に並べているが、同じ薬効のものはまとめて置いている。
・どんどん増えるジェネリックの置き場に苦労している。
・とにかくきれいに。終わったら戻す、調剤台上はいつも何もない状態に戻す。
・また、前の管理薬剤師は調剤台に新しい薬を置いて場所を決めずにいたので、邪魔でしょうがなかった。その状態にはしないように肝に銘じている。
・はさみ、ゴミ箱は使いやすいよう多く設置している。
・よく出る薬を点検台の近くに。ピッキングミスが起こると、棚の場所をこまめに変える。
・余計なものは一切置かない。



<まとめ>

調剤棚はその工夫で調剤ミスを防ぐことができたり、作業を効率化が図れたりするもので、多くの薬局でいろいろな工夫が行われていました。調剤棚の陳列は人が変わってもすぐに対応ができる50音順の所が多いようです。調剤ミスを防ぐために規格を目立つようにする等の工夫がされているようです。調剤棚やその周辺のこだわりについて、おしゃれかどうかといった見た目に関する回答は非常に少なく、実務重視でこだわっていることが改めて確認されました。棚卸しは多くが年に1~2回行われているようです。ハイリスク薬等について特に注意できるよう工夫されている例もありましたが、終わったら戻すを基本に整理整頓に重点を置いているところがかなりありました。今後ジェネリックの使用が増えて行くことが予想され、調剤棚のスペースに関する悩みも増えていくことが予想されますね。

■期間:2014/3/7(金)~2014/3/14(金)     
■対象:薬剤師
■回答数:n=109   



ココヤク運営事務局

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る