新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

いつか、家族が介護になる日

いつか、家族が介護になる日

2014年04月11日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/04/11 07:00 icon_view 280view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 280view

人は悲しいかな誰しもが老いていきます。そして日本の65歳以上の人口は総人口の2割を超えてきました。国も在宅での医療や介護サービスなどを充実させていく政策をとっています。今回は、介護ということに対して、医療従事者としての薬剤師の皆様がどのように向き合っていらっしゃるのかについてお聞きしました。


*この記事は2017年9月19日に更新しました。
 

【関連Q&A】
Q.漢方薬の上手な飲み方について教えてください。介護者の方もご苦労されているようで…
Q.介護保険のない方に関しての訪問を始めるにあたっての説明等はどうすれば良いのか?…
Q.みなさんは、介護用流動食にどんな味があったら甘いものが苦手な方が飲みやすいと思いますか?
Q.介護施設向け勉強会をしたことがある方、どういった内容でお話されていますか??
Q.高齢者認知症患者における不眠改善。介護職の方から「薬剤師ならではの知恵を貸してほしい」…
Q.将来は、実家の病院門前薬局を経営しつつ、病院外来患者の老人のための介護施設を建てたい…

 

■Q1.将来、ご両親など親族の介護をする予定ですか?

現在すでに介護しているという方もおられました。3人に1人は自分か配偶者で親などを介護するイメージをしていますが、イメージしていない人も3割近くいました。介護予定まで決めている人になると4人に1人とちょっと少なくなってしまっていますね。




■Q2.ご両親など親族の介護について何か準備をしていますか?

6割以上の人が親の介護等について何も準備をしていないようですね。50代になると準備をしている人が増えてきています。準備としてはサービス・施設の下調べ、家族の話し合い、預貯金といったところが上位をしめています。




 

■Q3.将来、ご両親など親族が介護となった場合には、どこでケアをする予定ですか?

親の介護場所の予定としては、4割がまだ分からないと回答しています。介護イメージができていないことが影響しているようですね。自宅介護予定の人は3割弱で、介護関連施設を予定している人よりも少なくなっていていました。




■Q4.ご両親など親族の介護をするにあたって、働き方をどのように変更しますか/しましたか?

介護に関して、仕事の条件については特に変える考えはない人が2割強、条件が合う職場に転職するという人が2割弱と上位を占めています。時間を短くしたり勤務日数を少なくするなどの時間調整をするという人は意外と少ないようですね。




 

■Q5.将来、あなた自身が、介護が必要な状態にならないか不安はありますか?

自分自身が介護が必要な状態になった場合については、不安はないという人は7%で大いに不安がある、不安がある、少し不安があるがそれぞれほぼ3割強になっています。年齢別にみても特筆する特徴はありませんでした。




■Q6.あなたや親族の介護や老後について、不安に思っていることや苦労などありましたら教えてください。

介護や老後に関してはいろいろな不安があるようですね。誰が介護するのか、どう介護するのかというような家族での意見の違い、経済的な不安をあげる人が多く見られています。子供がいないので将来不安という方もいらっしゃいました。


《家族に対する不安》
・人生何があるかわからないので、親のことも自分のことも子どものことも心配はつきませんが、状況に応じて最良の方法が取れたらいいなと思っています。

《家族との考え方の違いに不安》
・家族の意向を調整するのが大変だろうな。と他のご家族をみていてそう思います
・親子だと遠慮がなく、話し合いがこじれてしまいそう。親の求めることと子供のできることとの格差が大きい。
・両親どちらかが倒れたら実家に戻り介護をしようと考えています。しかし、両親は施設に入るつもりでいます。私は最後まで両親を介護したいと考えていますが、自分の結婚のことを考えると、難しい気がします。
・こういう分野にいると、先々のことが見えてしまう分不安は大きいです。両親も弟たちも将来をもっと考えて欲しいと切に思います。いつまでも健康でいられると信じている人たちと話すのは本当に難しいです。

《誰が介護するのかの不安》
・現在結婚予定であり、相手の両親や祖父母の介護が自分の身に降りかかってくるのではないかと不安。
・自分の親は良くても、配偶者の親は面倒見られるか不安。だって他人だし。

《親などとの距離に不安》
・両親と離れて暮らしているのでどれだけ老いてきたか気づけないのが不安。

《経済的不安》
・いつまで続くかわからないところ。
・介護するにあたって勤務時間を減らすなどした場合の収入減が心配。これから子供の教育費がかかるため・・・
・介護にかかる費用と時間、費やす労力。
・今の日本は安心して 老後を迎えられる社会ではないと思う
・介護費用、介護者の高齢化、人数の不足、介護施設の質と量
・結局はお金で解決することになると思うが、各々の蓄えによって、親族の同意が得られるかはわからない、仕事を変えない場合は出費がかさむことを覚悟している。

《仕事を続けられるか不安》
・仕事を続けながら介護できるか?
・職場は忌引きすら取りにくい人員状態で回っているので、配慮したシフトに変えてもらえないのではと心配。

《良い施設に入れるかどうか不安》
・施設があるか分からない
・施設入所は 待ちが多い。一方で 月々20万円近くかかる。
・介護サービスの情報は 普段から探しておかないと 良質かどうかの区別がつけにくい。
・少なくとも公的年金だけで入所できる施設を探しているが、なかなか見つけられない。

《自分自身に対する不安》
・自分自身も、ずっと元気でいられるかは自信がない。今から貯金をして、いざというときに介護施設に、自分から入所するつもりではいる。自分自身が他界した後は、だれが後の処理をしてくれるか、不安がある。
・家族に迷惑かけたくないので、普段食事、運動など気をつけているつもりです。
・元気で長生きならいいが、介護されるのは抵抗がある
・子供がいないので、介護してくれる人がいない。

《漠然とした不安》
・漠然としたした不安が大きいが、具体的に備えることなく日々が経過している気がする。

《労力》
・認知症の介護は少し経験しました。介護を常にしておられる方々すごいと思います。
・交通費がかかること、体力がなくなってきていること



<まとめ>

両親などの介護については、イメージしていない人が3割近くもいました。介護の準備に関しては50代になると準備をはじめている方が多いようです。介護場所については4割の方が分からないと回答していました。どのような介護が適切かは、1人1人異なるので難しい問題です。家族の意向を調整するのが大変なのかもしれません。 介護については信頼できる経験豊富な介護の準備で専門家への相談というのも一つの方法だと思いますが、ゴールが予測つかないという問題があり負担に感じている人も多いようです。少子化時代を反映してか、子供がいない人が、自分の介護や老後を不安視しているという声もあり、「家族に迷惑かけたくないので、普段食事、運動など気をつけているつもりです。」というようなコメントもありました。健康管理には気をつけていきたいものですね。

■期間:2014/3/21(金)~2014/3/28(金)     
■対象:薬剤師
■回答数:n=141   



ココヤク運営事務局

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る