新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師の9割が経験!一人鑑査の不安

薬剤師の9割が経験!一人鑑査の不安

2014年04月18日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/04/18 07:00 icon_view 1027view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1027view

調剤鑑査は、調剤過誤防止といった観点からも非常に大切な業務で、複数の人の目でチェックすべきです。しかし中には一人薬剤師の薬局であったり、そうでなくても他の薬剤師の鑑査なしに一人で鑑査もしなければいけないケースに遭遇した人も多いかと思います。24時間体制や在宅業務といった流れもある中、1年前の前回調査からの状況変化とともに、一人鑑査で心がけていること、工夫していることについてお聞きしました。


*この記事は2017年5月16日に更新しました。
 

■Q1._あなたは、調剤業務の中で一人鑑査(調剤と鑑査を同じ人が行う状況)を経験したことはありますか?

9割以上の薬剤師が一人鑑査の経験があるようですね。薬剤師経験年数1年未満では一人鑑査経験ありという人はゼロで、1~3年になると8割を超えていました。1年を過ぎたころから一人鑑査をしなければいけないケースに遭遇するようです。ココヤクが1年前に行った調査では、薬剤師経験年数1年未満で一人鑑査経験がない人が約38%でしたが、今回は100%でした。

 

image013

 
bk_article_dotline
 

■Q2._ここ一カ月で、一人鑑査が発生した頻度はどのくらいですか?

直近一カ月で一人鑑査しなかった人は24%、処方箋全体の5%未満だった人は41.3%と、合わせると2/3となり、原則、やむを得ない場合を除いては調剤者とは違う薬剤師が鑑査しているケースが多くなっています。一方、一人薬剤師の薬局などで常に一人鑑査という人も13.3%います。原則複数の人で鑑査、または、常時一人鑑査、と二極化の傾向がみられました。これについては、1年前の調査と大きな差異は見られず、この傾向は続いているようですね。

 

image021

 
bk_article_dotline
 

■Q3._一人鑑査をする時、不安を感じますか?

一人鑑査に対する不安は男性で6割強、女性で8割の人が感じているようです。 対して、「あまり不安ではない」、「全く不安ではない」と回答した人は全体で約13%でした。薬剤師経験年数別では5年未満では少なく、5年以上になると増える傾向があり、仕事形態別では正社員は16%、派遣社員は33%だったのに対し、アルバイトは3%という結果になっています。

 

image022

 
bk_article_dotline
 

■Q4._これまで一人鑑査で、調剤ミスが起こったことはありますか?

ミスに関しては、日数等の錠数間違いが35%、規格間違いが30%と多くなっています。以下、1種類薬剤を渡し忘れるといったものが17%、処方と違う薬剤を渡したのが16%、用法の伝え間違いが12%となっています。一方、鑑査段階で気づきミスに至らなかったという回答が40%となっていて、あらためて鑑査の重要性が示された形ですね。

 

image024

 
bk_article_dotline
 

■Q5._一人鑑査をするにあたって、注意していることや工夫をしていることはありますか?

ほぼ半数の人が患者さんと一緒に確認していると回答しているほか、「事務スタッフと一緒に確認している」という回答もあり、複数の人の目で確認するという人が多いようです。次いで、声に出して確認、指さし確認がそれぞれ4割前後となっていて、いろいろ工夫されているようです。21店舗以上の薬局では、鑑査システムの利用が35%と、平均の18%を大きく上回っていました。

 

image025

 
bk_article_dotline
 

■Q6._Q5で回答された事柄について、具体的にどのような注意や工夫をしているか教えてください。

患者さんに渡すときに確認する人が多いようです。スタッフ・患者さんとの複数チェック、間違っているものとして新たな気持ちでチェックする、時間を空けるといったように一度頭の中をリセットして気持ちを切り替えるという回答が多くありました。声出し、指さしの他に赤丸や筆記用具等も工夫したチェックや、写真との照合といろいろ工夫されているようです。鑑査システムもいろいろなシステム名があがっていて、利用している人も増えてきているようです。

 

《鑑査回数を増やす》
*投薬時にも、確認する。
*基本は繰り返し間違いないことを確認することにしている。また、単純な処方ほど油断しやすいので、意識を高めるように努めている。
*熱で消えるペンを使い、チェックを記入。3回確認する。
*薬品をとった時点で処方箋と薬品の確認。鑑査台で鑑査前に薬品のみ処方箋と確認。鑑査時、処方内容確認後に再度、規格・数量等確認。渡すときに薬品をみせながら、薬品名を口に出して説明。
*患者さんに薬を渡すとき処方箋の薬と薬袋記載の薬と実際の投薬の薬の3回確認
《客観的な態度で鑑査する》
*平常心を保つ
*間違ってるものと思って、再確認するので、深呼吸する事によって落ち着いて間違い探しのように鑑査してます
*鑑査の時は、別人格だと思って、気持ちを切り替えるようにしてます。何度も確認するしかないです。
*調剤をした後、場所を移動し、新たな視点で鑑査をする。声出し確認も。
《患者に渡す際に再確認》
*ピッキング、鑑査、投薬時と三回確認するようにしている。人のすることに絶対はないのだと常に注意し自分に言い聞かせている。つらい。
*処方箋とヒートの薬品名で確認・薬歴簿で確認・調剤録で確認・薬袋の印字で確認・患者さんと確認
*薬の鑑査時には規格までよみあげながら、確認している。投薬時には必ず患者さんと一緒に確認している。
*薬袋の上に薬を並べ、患者様と一つ一つ確認しながら薬袋に入れていく。
《鑑査の前に時間をあける》
*鑑査を終えた後、次の患者の調剤をしてから、再度確認する。
*出して他の調剤をしてから、鑑査をするようにしている
《システムを工夫する》
*Goocoさん(グッドサイクル)の正くんを採用しました
*簡単なシステムとして湯山さんのポリムスやミスゼロ子などの導入でモノ、規格間違いは防げることができる。相互作用などは電子薬歴などのシステムで最低限のスクリーニングできる。
*ミスゼロ子というピッキング鑑査システムを利用しています
*JANコードを読み込む鑑査システムを使用してます。ただし、数量は何度も確認してます。散剤の鑑査システムは役に立ってます。ユヤマのONEDYとか言うシステムです。
《事務員など他のスタッフに確認してみる》
*鑑査前に一度事務の方に見てもらい、もう一度鑑査して投薬
*最終的に薬剤師が確認するのは当たり前ですが、まず事務員にそろえてもらうというのは違反なんでしょうか?
*まず事務さんと一緒に。その後患者さんと一緒に確認
《調剤・鑑査でのチェック方法を工夫》
*声で再確認、処方箋を指差し確認、患者に渡すときにDOでも現物を見せながら薬袋に入れる。そろえる時に下からそろえる。
*PHPは裏表両方見えるように輪ゴムで止め、患者と一緒に確認できるようにしている
*薬剤の名称や規格があっているか一文字ずつ確認し、ピッキングした数を記入している(10Tx2+4+4とか)
*一般名処方やジェネリック品への変更時は処方せんのコピーにメーカー名等を記載。後で確認出来る様にしている。先に薬歴で前回処方を確認し、処方せんのコピーに記入。それから調剤を行っている。先に調剤した後に薬歴で確認すると思い込みからスルーしやすい気がするから。
*処方箋に処方されたお薬すべてがきちっと揃っているか?規格違いの間違いがないよう規格に◯をつけたり1T2×など用法に注意するものに◯をつけたりしてチェックしている。また処方箋に1剤ずつ出した数を書いて最後にチェックしたりします
*全ての処方せんと薬をデジカメで撮っている
*薬袋に薬剤の画像と数が印刷される様に設定して処方箋とあわせて確認しています。
*バーコードによる鑑査、全体重量による鑑査、指差し確認、患者さんに見せながら投薬。
*一人調剤マニュアルにそってやっている
*処方箋に鉛筆で識別番号とシートや錠剤の色、62+1で出した 14×3で出した等 具体的に記載する。投薬時に患者さんと一緒に確認が一番防げると思う。
*複数規格には赤丸をつけている。
*薬剤のシート数をピッキングシートに記入している。数量間違いの防止の為。


<まとめ>
今回は、一人鑑査について、昨年と同様に調査をしました。全体的には昨年との大きな違いは見られませんでしたが、一人鑑査の経験については、母数は少ないものの昨年の調査では薬剤師経験年数1年未満で一人鑑査経験がある人が約62%でしたが、今回0%でした。一人鑑査はしっかり慣れてからという傾向がでてきているのかもしれません。一人鑑査の発生頻度をみると、一人薬剤師の薬局など常時一人鑑査の所と、どうしても致し方ない時のみ一人鑑査になるという所で二極化している傾向がありますが、9割超の薬剤師が一人鑑査の経験者となっていて、このあたりの状況は昨年とあまり変わっていないようです。
一人鑑査に関してはやはり不安をもつ人が多く、特に女性にその傾向が強くなっています。ミスに関しては鑑査段階で気づいたものが40%となっていて、一人鑑査でもしっかり行うことで、調剤過誤防止に役立っていて、鑑査の重要性が改めて示された結果になっています。
ミスに関しては、日数等の錠数間違い・規格間違いが多く、これらに対しては、スタッフ・患者さんの複数の目でのチェック、声出し・指さしでのチェック、鑑査システムの導入などの工夫が行われています。
しかし薬剤渡し忘れ、処方と違う薬剤を渡す、用法の伝え間違いなども起きていています。一人鑑査の改善においては、時間を空ける・客観的態度でといった自分自身で工夫できる部分、患者・スタッフの目といった他者に協力をお願いする部分、鑑査システム導入やチェック方法の見直しなど方法論に関する部分、それぞれ工夫できることを考え、複数の方法を組み合わせるなどの工夫をしても良いかもしれませんね。

■期間:2015/6/5(金)~2015/7/3(金)
■対象:薬剤師
■回答数:n=225


ココヤク運営事務局

 

 

(次ページ)2014年のアンケート結果は・・・

続きを見る

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:3件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る