新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

【アンケート結果】3割の薬剤師が患者の「ヒヤリハット事例」に遭遇~抗凝固療法患者とのコミュニケーションに関する薬剤師大規模調査の結果から

【アンケート結果】3割の薬剤師が患者の「ヒヤリハット事例」に遭遇~抗凝固療法患者とのコミュニケーションに関する薬剤師大規模調査の結果から

2014年06月27日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/06/27 07:00 icon_view 1601view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1601view

がん、肺炎、心疾患とならぶ、日本人の4大死因の1つである脳卒中。心房細動が原因となる脳梗塞は重症となることが多く、そのリスクのある非弁膜症性心房細動患者に対して、抗凝固療法が推奨されています。しかしながら、「健康日本21推進フォーラム」の調査によると、ワルファリンを処方された患者の4.3%、実に3万3000人の患者が1年以内に服薬を中止してしまっている現状があります。抗凝固療法を正しく行い、脳梗塞を予防するためには、主治医だけでなく、受診する全ての医療機関の医師や薬剤師との密接なコミュニケーションが重要です。

今回、QLifeでは公益財団法人 心臓血管研究所 所長 山下武志先生監修のもと、患者とともにチームとして抗凝固療法に携わる一員である薬剤師を対象にリサーチを実施。医師や患者本人対象の調査では表に出なかった、患者の実態を調べました。その結果をご紹介します。
 

■薬剤師によるコミュニケーションが、重大な事態を防ぐためのセーフティネットに

今回の調査から、約半数の薬剤師が抗凝固薬の疑義照会を行い、約3割の薬剤師が患者の「ヒヤリハット事例」を見聞きするなど、抗凝固療法を行う患者にとって、薬剤師によるコミュニケーションが、重大な事態を防ぐためのセーフティネットとなっていることが分かりました。




(次ページ)■「薬剤師が伝えたい」情報と「患者が知りたい」情報に若干のギャップ・・・


続きを見る

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5567件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る