新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

【アンケート結果】ブロプレスを事例に考える今後のAG戦略

【アンケート結果】ブロプレスを事例に考える今後のAG戦略

2014年07月25日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/07/25 07:00 icon_view 401view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 401view

先週の記事、【アンケート結果】 ディオバンGEトップはAG「サンド」に引き続き、今回はブロプレスのAGであるカンデサルタン「あすか」を事例に今後のオーソライズドジェネリック(AG)について製薬会社の立場と薬局の二つの視点で考えてみます。

そもそもAGとは何ですか?という方は以前ココヤクブログでまとめていますのでこちらをご参照ください。

2014年6月20日、日本で一番売れている医薬品「ブロプレス」の後発品が薬価収載されました。皆様はご存知でしたか?

◆ブロプレスのAGカンデサルタン「あすか」 3割強「知らなかった」

アンケートの結果では34%が「知らなかった」と回答。情報源として販売元である「あすか製薬」のMRから情報を得ていたのは約1割。本格的なプロモーションはまだはじまっていないようです。情報源として多かったのは「インターネット」「ブロプレスの納入代理店」が共に3割弱。ブロプレスの納入代理店にとっては大きな売上を占めているだけに薬局以上に敏感な動きが伺えます。一方、武田薬品は3%程度とほとんど話題に上げていないようです。
 

image1

 

◆カンデサルタン「あすか」についてなぜ注目すべきか?

なぜココヤクでカンデサルタン「あすか」に注目しているかについてですが、理由は下記3つです。

(1)日本で初めて同一成分として他の後発医薬品に先行してAGを発売
(2)超大型市場のGE(カンデサルタンとしては合剤含め2013年度実績1,550億)
(3)2014年度調剤報酬改定、新たな薬価制度の影響

ここからはブロプレスのAGを事例として「武田薬品」、「調剤薬局」の視点でそれぞれ考えてみたいと思います。その前に前提として知っておくべき知識はこちら。
・2014年度調剤報酬改定により「後発医薬品調剤体制加算」を算定するための後発品数量シェアの計算式の分母が「後発医薬品の存在する先発医薬品」に置き換わった。
・AGは先発医薬品メーカーが特許切れ後にメーカーの売上を確保するために海外で生まれた戦略の一つ
・後発医薬品の薬価算定ルール 基本は先発医薬品の薬価×0.6
ただし内服薬で薬価収載時点に10品目を超える場合は先発医薬品の薬価×0.5となる
 

(次ページ)◆武田薬品の視点 「AG先行発売」という日本初の戦略・・・


Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:3件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る