新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬学部6年制の成果か、今年の新卒は「優秀」

薬学部6年制の成果か、今年の新卒は「優秀」

2014年10月17日 (金) 07時00分配信 投稿日:14/10/17 07:00 icon_view 1416view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1416view

2012年春、6年制になって初めての薬剤師が社会に出てから3年以上経ちました。また、今春、就職した新卒も入社から半年が経ち、仕事に慣れてきた頃ですよね。2014年秋のアンケートでは、新卒と接点のある薬剤師の約45%が「今年の新卒は優れている」と評価しています。そこで、今年の新卒についても、皆さんの感想を聞いてみました。昨年の新卒アンケート結果との違い、また、6年制以降の新卒薬剤師という点に着目して、アンケート結果を見ていきましょう。


*この記事は2017年5月12日に更新しました。

★関連テーマのアンケート
→「後輩薬剤師の育成、課題は時間の足りなさか
「イマドキの後輩薬剤師は、褒めて育てる! 」
「6年制新卒採用後のいま」
「新人時代のエピソード」

■Q1._自分が新卒の時と比べて、今年の新卒をどのように評価しますか?

新卒の評価に関しては、今年の新人との接点がない人が3割強いて、この割合は前回とあまり変わっていませんでした。新人との接点がある人の中では、「少し劣っていると思う」「劣っていると思う」と評価する人が、14.5%から23.3%と増えてきている傾向がありました。一方、「優れている」「まあ優れている」とする回答は、前回とほぼ同じく45%弱という結果になっていました。

 

image016

 
bk_article_dotline
 

■Q2._今年の新卒の『良かった事例』または『素晴らしい事例』を教えてください。

性格的な面では、真面目で積極性がある、学ぶ姿勢があるという意見が多くありました。能力的な面からは、実習をみっちりやってきているので即戦力になる、臨床病態の知識があるといったように、6年制になり強化された実習や専門分野の周辺知識に対する部分など、知識の豊富さや器具の扱い等に対する評価が高くなっているようですね。

 

*フレッシュな情報を持っている。
*レベルが少し戻った印象
*医薬品に関する知識が豊富
*何事にも前向き
*吸収力は高く、仕事はすぐ覚える傾向があった。また、与えた仕事は効率よく遂行すると思った。(要領がよく、成績は優秀という印象)
*実習をみっちりやってきているので、実務がそれなりに出来る。
*真面目に物事に取り組む。
*積極性があり、自ら分からないことは調べようとしたり勉強会への出席したりもしてくれている。
*病態知識がある程度ある。実習で習った薬には詳しい。
*成分名は自分たちの時よりもたくさん覚えている気がする。
*積極的な姿勢が見られる
*先輩から聞き出し学ぼうとする態度がある。業務後も残って勉強している。
*実習を経ているので、器具の扱い(スパーテル等)は教えなくてもできている。

 
bk_article_dotline
 

■Q3._今年の新卒の『ちょっと困った事例』を教えてください。

要は個人の人柄というごもっともな意見がありましたが、ほうれんそうができない、自分勝手に動く、社会人としての常識の欠如といったように、知識はあるがプレッシャーに弱かったり、マナーがいまいちという意見がありました。また、患者さんとのコミュニケーションを指摘する答えもありました。6年制ということに変な自信をもっているという声もありました。

 

*○○医師からの電話で、「○○さんってひとから電話です」と廻してくる。
*LINEで情報が広がるのが早い。
*連絡をLINEでしてくる。
*おとなしく、遠慮がち。
*ちょっと注意したら即ショック受けた顔をされたこと
*ほうれんそうができない
*マイペース
*ゆとり教育世代のせいか対応が遅い。6年制卒という変な自信をもっている。
*解ってないのに、解ったつもりで、相談もせずに勝手に行動する。
*学校で習った知識ばかり優先して、患者さんの気持ちを読み取ることが出来ていないと感じることがある
*患者さんとのコミュニケーション
*機転が利かない、指示が無いと動かない、言い訳をすぐにする、などが目立つと思った。(人間性が低く、個性がないという印象)
*現場を学ぶ姿勢が足りない
*言われないと何もしない。
*社会人としてのマナーがまだ不十分
*知識はあるが、社会人としての礼儀がいまいち。学生気分が中々抜けない。
*特に今年とかなく 薬剤師 人間としてのモラル 団体活動せず勉強のみのプライドや助け合い精神の欠落
*薬剤師の広場でも少し2チャンネル化している人。いい人たちの集団に成りたい。そうすれば職場環境もよく意欲を持ち楽しく仕事ができると思う。 要は人柄。
*勉強意欲が低く、商品名すらなかなか覚えてくれない。

 
bk_article_dotline
 

■Q4._今後、新卒の薬剤師に学んでほしい『社会人スキル』にはどのようなものがありますか?

学んでほしい社会人スキルは、「患者さんなどへの気遣い(事前に察知する力)」「挨拶、声掛け」「患者さんとのコミュニケーション力」といった、患者さんとのコミュニケーションスキルがベスト3に入っています。これらのコミュニケーションスキルと「報告、連絡、相談などのやり取り」は、5割以上の人が選択していて、人とのコミュニケーション能力が求められていることがわかります。

 

image017

 
bk_article_dotline
 

■Q5._今後、新卒の薬剤師に学んでほしい『薬学的知識・スキル』にはどのようなものがありますか?

「処方箋から疾患を推測するスキル」がほぼ半数の人が選択して一番多く、次いで「新薬の知識」「古い薬の知識」「よく見られる副作用」「相互作用」が多く選択されています。豊富な知識を運用するための考える力というものが期待されているようです。また安全性に関連するものがこれに続く結果になっています。特に管理薬剤師の方からの期待が大きいようです。
 

image018

 
bk_article_dotline
 

■Q6._これから卒業する薬学生に、先輩としてアドバイスやコメントをお願いします!

今回も先輩方から期待のこもった温かいメッセージをたくさんいただくことができました。その中で多かったのが、患者の立場に立った薬剤師であれという意見でした。また、社会人としてのマナーを身につけてほしい、向上心をもって精進してほしいというような意見もありました。在宅の場もあるので、介護の知識を身につけてほしいという期待もあるようです。

 

*クスリの専門家として、できない言い訳をせず、出来る方法を常に考える薬剤師になってほしい。医師や経営者に臆して、患者をないがしろにする薬剤師にはならないように頑張ってほしい。
*とりあえず、やる気が一番大切です。
*おごることなく精進してほしい
*3年間は続ける。周囲に期待しない。安易な方に逃げない。
*何事にも進んでやっていく姿勢を見せて欲しい。
*なんでもマニュアルにのっとって仕事をしないでほしい。イレギュラーな出来事があったときに対応できるよう対応力を身に着けてほしい。
*挨拶・返事は基本です。きちんと出来てほしい。最近は匂いの強い柔軟剤やネイル等のおしゃれも歩けど調剤室に一緒にいて不快にならないような気配りも身に着けてほしい。
*挨拶はしっかり。目を見て話す。職場で嫌われたら仕事できなくなるから知識はそれからの話。
*患者さんと多く接していろんな経験をしてほしいです。
*結局は人間ですよ。でも専門家としての知識も必要。
*高いポテンシャルを生かすも殺すも自分次第であるので、進んで行動できる環境を目指して欲しい。
*今後在宅の場に進出する機会が多いので、介護の知識も身に着けてほしい
*失敗を恐れず現場に溶け込む、なじんでいくよう頑張ってほしい
*周りの動きを見て動くのではなく、自分から率先して動く人になってほしい。
*常に患者さんの立場に立った行動を心掛けること
*常に勉強!
*素直に何でも相談するのと、行動も前に一声かけるようにした方が薬局内のコミュニケーションもとれる。
*想像力とプロ意識ですね。
*知識も大事だけれど、患者さんとのコミュニケーションを大切に。
*電話に怖がらず出られるような度胸と言葉遣いを身につけてほしい。
*薬剤師は資格のひとつに過ぎず、その資格を活かしたうえでもっと新しい取り組みに向けて進んでいってほしい。
*理想ばかり追わないで、目の前にある仕事に真剣に取り組んでほしい。



<まとめ>
新卒に対する評価は、知識や技能面では、知識が豊富、器具の使い方も慣れていて即戦力になるといったように良い評価が目立つ一方、社会人としてのマナーや仕事の進め方に対して問題点があるといった意見が多く出されています。
ここ最近の傾向として「連絡をLINEでしてくる」といった意見に代表されるように、LINEの使い方に関するものも出てきています。LINEもローンチされてから4年を過ぎ、ちょうど学生のころからLINEを使ってきた世代が新卒として就職してくる時期でもあり、人とのコミュニケーションに関する世代間のギャップというのも出始めてくる頃なのかもしれません。職場の連絡に関してはTPOをわきまえたルール作りをしておくのも必要かもしれませんね。
こうした中、伸ばしてほしい社会人スキルとして、挨拶・声かけ、患者の気持ちを察したコミュニケーション能力があげられていて、多くの患者と接していく中で、患者に寄り添った薬剤師に成長していってほしいという気持ちが表れています。薬学的知識・スキル面では、「処方箋から疾患を推測するスキル」が期待されていて、考える力とともに、相互作用や副作用等の知識と合わせ安全面が非常に重視されています。先輩からのアドバイスやコメントでは、患者本位の薬剤師になって欲しいという意見や、「患者さんと多く接していろんな経験をしてほしい」に代表されるように、患者さんとのコミュニケーションの中から、積極的にいろいろなものを吸収していって欲しいというような想いがうかがえました。

■期間:2015/8/7(金)~2015/9/4(金)
■対象:薬剤師
■回答数:n=155


ココヤク運営事務局

 

 

(次ページ)2015年のアンケート結果は・・・

続きを見る

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る