新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師の資産運用方法は?

薬剤師の資産運用方法は?

2015年01月09日 (金) 07時00分配信 投稿日:15/01/09 07:00 icon_view 691view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 691view
消費税増税や社会保険料のアップなどがある中、給与はそれほど上がらず、実際の可処分所得が減ってしまったという声をよく耳にします。一方、今年からNISA(少額投資非課税制度)も始まり、お金に働いてもらうという資産運用に興味を持つ方が増えているのではないでしょうか。今回、実際に薬剤師の皆さんがどの程度資産運用に関心を持っていて、どういった資産運用をしているのか聞いてみました。
 
★関連テーマのQ&Aまとめ
<薬局(薬剤師)の昇給>
Q.今年の昇給が、勤務して初めてありませんでした。なんとか説明を…と踏み込んだところ…
<いまの仕事に見合う給与は?>
Q.皆さんはこの給与をどのように思われますか?
Q.今1年目で月給28万円もらっています。これは病院薬剤師の何年目ぐらいの給料でしょうか?
<年収(収入)を重視した職場の選び方>
Q.薬剤師には職場の種類が多くありますが、年収が多いのはどの職場ですか?
Q.就職先を選ぶとき、退職金や年金について、どのように見極めればいいのか?
 

■Q1._あなたは、資産運用に興味はありますか?
資産運用については、運用している人が37%という結果になっていて、興味がある人と合わせると8割近くにのぼっています。男女別では、運用している人の割合は男性が42.2%、女性が32.2%と男性の方が10%も多くなっています。




■Q2._あなたの貯蓄額はどのくらいですか?※あなたの世帯の合計貯蓄額をお答えください。
貯金額は、100万円~1000万円未満の方が過半数となっていて、8割の方が2000万円未満となっているようですね。中には貯蓄がない人も3%いらっしゃいました。一方5000万円以上貯蓄があるという方もおられました。




■Q3._あなたは資産をどのように運用していますか?
資産運用については、普通預金が約75%、定期預金が約60%となっていて多数派になっています。一方、株は4人に1人、投資信託及び生命保険が5人に1人の割合で運用しているようです。FXや金・プラチナはそれぞれ3.5%と少数派になっているようですね。




■Q4._Q3のうち、一番金額が大きいものは、どれですか?
資産運用において一番金額が大きいのは普通預金で約40%になっていて、次いで定期預金の約33%が続いています。定期預金では女性の割合が多く、男性は株や投資信託といった割合が女性よりも多くなっています。特に運用していないという方も5%弱いるようですね。




■Q5._資産運用に関して、成功した/失敗した等のエピソードがありましたら教えてください!
成功して儲けている人、失敗して損をしている人、まちまちです。20年かけ初期投資を10倍にしたケースがある一方、株をもった会社が倒産し紙切れになったというケースもあるようです。資産運用なんて、すごく貯金のある人の話だと思って踏み込んでいない人もいるようですね。

<儲かっている事例>
 *投資信託をプラスだったので放っておいたら、リーマンショックでマイナスになってしまった。
現在はまたプラスになっている。
 *20年かけて初期投資を10倍にした。
 *NISAを活用。まだ株主優待程度の投資だがたまたま株があがって小遣い程度はもうかった。
 *安倍政権への政権交代で株価が上がってちょっと利益が出た。
 *投資信託で損をいたこともありますが、アベノミクスのお陰で今は順調です。
 *NISAで手堅く投信を運用

<損をした事例>
 *株価下落による損失。円高による損失。
 *儲けは小さく、損失は大きいです。
 *株はほとんど失敗。株主優待で家族が喜んでくれているのが、せめてもの救い。
 *リーマンショックで500万以上溶けた
 *株を持っていた会社が倒産。株券がただの紙切れになった。
 *仕事中に取引出来なくて、早く損切りできなかった。
 *商品先物で大きな損をした。

<その他>
 *成功/失敗例は数知れず。いちいち覚えてられない。
 *リーマンショックに伴う相場変動にはついていけなかった。
 *資産運用なんて,すごく貯金のある人の話だと思っているので,踏み出すことがない。
 *子供の教育資金に非常にお金がかかり、計画を覆されたこと…


<まとめ>
消費税増税が行われ、アベノミクスが進められていく中、日本企業の株価も上昇し、それで不労所得を得ている人もいると言われています。NISA(少額投資非課税制度)解禁もあり、お金に働いてもらうための新しい資産運用の選択肢も増えてきています。薬剤師の皆さんも資産運用ということになると、預金が多数派になっているようですが、株やFX、投資信託、債券、金・プラチナといったものでの運用を試みている方もいるようですね。預金はローリスクですが、ローリターンで目減りしてしまうということから、投資信託や株に手を出している人もいるようです。将来の人生設計を考えるにおいても資産運用は大切なことです。どんな資産運用をしているかという質問には、普通預金・定期預金の他には、株、投資信託、生命保険、債券、外資預金といった回答もありました。ただ普通預金・定期預金を除くと、一番大きな金額を投資している率は少なくなっていて、預金を中心に、投資信託や株もやっているという現状が見えてきます。
預貯金別にみると、預貯金が2000万円以上になると、株を運用している人の割合が多くなり、預貯金が3000万円以上になると、投資信託を運用している人の割合が多くなっていました。1金融機関1預金者あたりの元本1,000万円までとその利息等が預金保護の対象となるというペイオフの問題がありますので、大手3行にそれぞれ1000万円ずつ預金し、その残りを株や投資信託で運用しているという人が多いのかもしれません。


■期間:2014/12/5(金)~2014/12/19(金)
■対象:薬剤師、薬学生
■回答数:n=173

 
★関連テーマのアンケート
薬剤師の年収、理想と現実
薬剤師の給与(給料)、満足度は?
薬剤師の貯金額
 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19850件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5616件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る