新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師215名が回答!生まれ変わったら、もう一度薬剤師になりたい?

薬剤師215名が回答!生まれ変わったら、もう一度薬剤師になりたい?

2015年02月06日 (金) 07時00分配信 投稿日:15/02/06 07:00 icon_view 631view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 631view
年も新たに、新年の抱負を立てた人もいるかと思いますが、今ある自分をどうしていこうというのではなく、もう一回人生を最初からやり直せるとしたら、どうなりたいか、どう生きたいかということについて薬剤師の皆さんにお聞きしました。生まれ変わった仮定で考えることによって、若い時には見えなかった改善点が見えてきたり、薬剤師という仕事に対し皆の考えを知ることができれば。そんな思いで、アンケートを実施しました。

*この記事は、2017年9月6日に更新しました。
 

【関連テーマのQ&A】
Q.薬剤師としての次のステップや最終的な目標は何かありますか?
Q.薬剤師になった(目指した)理由はなんですか?
Q.将来何がしたいのか悩んでます…
Q.よく、「薬剤師かいいねぇ。高給取りじゃん」とか言われるのですが…

 

■Q1._あなたは、もし生まれ変わったら、もう一度薬剤師になりたいですか?

生まれ変わったら薬剤師になりたいという人は全体の31%、薬剤師になりたくないという人は全体の64%という結果になりました。薬剤師になりたくないという人は、なりたいという人の倍以上という結果のようですね。生まれ変わっても薬剤師という人の割合は、若干ですが薬剤師勤務年数が10年以上になると増える傾向となっています。

Q1_image019



■Q2._あなたがもし生まれ変わって薬剤師にならないのであれば、どのような職種に就きたいですか?
生まれ変わって、薬剤師にならないのであれば、医師等の医療関係者と回答した人が多く、特に薬剤師の勤続年数が5年を過ぎるとその割合が多くなってきます。研究者や学者といった回答も多くなっていて、研究希望は男性に多いようですね。自分にやりがいを感じさせる職業であれば何でもいいといった職業を限定しない回答もみられました。
 
<医療関係者>
*多職種と協力できる、患者さんのことを考えられる医師
*医師、看護師
*看護師
*動物園の飼育係か獣医
*臨床検査技師

<研究者・学者>
*生物学者
*研究者
*医学・薬学の基礎研究
*数学者
*植物分類学者

<公務員>
*警察官、消防士、自衛官
*公務員

<音楽系>
*歌手かダンサー
*音楽関係の仕事。バンドやバックバンドとか。
*音響

<デザイン・クリエイティブ・IT・芸術・作家系>

*イラストレーター
*芸術家
*小説家
*デザイナー
*建築
*絵本作家
*IT企業(SEなど)

<その他の職業>
*教師
*会計士
*調理師
*図書館司書
*新聞記者
*通訳、プロレスラーなど
*アナウンサー
*CA
*ツアーガイド
*自動車整備士
*宇宙飛行士
*馬と関わることのできる仕事
*エコロジスト
*芸人
*海女

<職種にはこだわらない>

*職種はなんでも良い。とにかく頑張って、少しでも上のステージを目指す。その結果が、今と同じでも良い。
*特に職種は限定しないですが、世界中を飛び回ってできる仕事をしてみたいです。
*自分にやりがいを感じさせる職業であれば何でもいい。



■Q3._あなたが、もし高校生の自分に会えるとしたら、自分自身に薬剤師を勧めますか?

高校生の自分がいた場合、今の自分は薬剤師を勧めるかという質問ですが、勧める人が約46%、勧めない人が約51%と拮抗した結果になりました。勧める人は女性に多くなっているようですね。また、可能なら医師にチャレンジといった回答が目立っています。

Q3_mage021



■Q4._Q3で答えた理由を教えてください

薬剤師を勧める理由としては、資格社会だから・手に職を持っていると強いからという回答と、医療関係の仕事が好きだからという回答が目立ちました。薬剤師を勧めない理由としては、医療系ならば医師を勧めるという回答が多いようですね。権限がないという不満の他、性格的に向いていないという回答もありました。

●薬剤師を勧める意見
<安定している・手に職があると有利>
 *働き口には困らないから。
 *いわゆる「手に職」が得られるため.
 *30年以上前、今ほど薬剤師の需要はなかった。その後、調剤薬局と共に薬剤師の地位も向上。子育てを10年しても、職に困らなかったことは本当にありがたかった。
 *それなりの生活が保証されたから
 *安定しているから
 *資格社会だから
 *不況に強い。日本全国どこでも仕事に就ける。
<医療系の仕事が好きだから>
 *やりがいのある職業だから
 *仕事内容に充実感がある。
 *やはり薬学が好きだから。
<給与が良い
 *給与の割に仕事が楽だから。
<実家が薬局>
 *実家が薬局なので、その店を継いでしまえば体力的にも能力的にも、医師ほどはしんどくないので
<なんとなく・その他>
 *出来る仕事が他にはなさそう。
 *六年制になったので仕事的には勧めたいが先行投資がかかりすぎるので難しい。
 *今の状態は今の状態で不満ではない、むしろ面白かったから

●薬剤師を勧めない意見
<仕事内容に不満

 *つまらない
 *処方箋に関する権限がないから。
 *人の都合で振り回されることが多い
 *ルーチンワークで、女性が多いので働きにくい
 *仕事が中途半端、医者よりも下、看護師とも渡り合えない中途半端なポジションである。従って、自分自身は、今後、薬と健康食品の飲み合わせの良し悪しが重要になる事を見越して薬剤師の資格以外の資格、例えば「健康食品管理士」の資格を取得し、さらに、今後アンチエイジング医学の重要性が注目されることを先取りし、日本坑加齢医学会認定指導士資格などを取得、健康全般に知識を広げている。
 *自分の思ったような仕事ができない
 *薬剤師だとやれる仕事に制限がありすぎるので。
<性格上の問題>
 *向いていると思わないから
 *対人の仕事は向いていないのがわかったから
<将来の選択肢の幅>
 *妥協して薬剤師にならずにやりたいことを貫きとおせ!と。
 *妥協して欲しくないから。
 *医者になった方がいい。
<その他>
 *人間関係で苦労が多いから
 *薬剤師としての誇りと責任を持って実際に仕事をしている人が少な過ぎるから。
 *この職業はハイリスクローリターンだから。
 *稼げない。仕事が、多い。
 *給料安い、思った以上に残業がある、やりがいがない
 *状況や、その時の考えや思いによって変わってくるように思う。
 *薬剤師にこだわることはないと思うので。他にも人の役に立てる職業、たくさんあるから。もちろん薬剤師を選ぶならその道を目いっぱい行けばいいし。



■Q5._あなたが、もし薬剤師を目指している当時の高校生の自分に会ったら、どのような助言をしますか?勉強しておいた方が良い事、心構えなど、教えてください。

勉強して医者になることを勧めるという回答が目立っていました。英語やコミュニケーション能力は鍛えておくべきという回答も多く出ているようですね。命に係わる職業に就くという心構えが大切、ヒトとしてのマナーや思いやりといった、人間の内面や心構えを重視するという回答もありました。

<経験>
 *最初は総合病院に勤務し、幅広い医療知識を身につけるべき。
 *アルバイトなどでいろいろな職種を経験する。
 *もっと社会に対する知識や経験を持つよう努力すること。薬学を勉強しているとき、あまりに「社会のなかの薬、科学」について知らなさすぎ、単純な考えしかもっていなかったことは、ある意味卒業後就職したとき武器を持たずに飛び出したのと同じでした。「良い薬」「先端科学」は良いもので、当然社会で受け入れられる、というような単純な図式です。実際の世界はもっともっと複雑でした。
<語学力・コミュニケーション力>
 *人の目を見て、顔色をうかがいながらコミュニケーションすること。
 *コミュニケーションが大事なこと、基礎学力が本当に必要なので、幅広く学ぶよう伝える。
 *英語をとにかく勉強すべき。
<将来設計について>
 *薬剤師のキャリアプランの話
 *生涯年収を考えて
 *大学を選ぶ際はしっかり考えること!
 *薬剤師は資格として持っておいて間違いはなかった。ただ最低もう1つは「自分にしかできない」能力を伸ばしておかないと、生きがいという意味でも社会的に生き残るという意味でも「生き残れない」と考えておけ。
<医療従事者を目指す責任感と覚悟>
 *命に係わる職業に就くという、心構え。
 *きちんと有資格者としての自覚と責任を早い段階で認識しよう
<人間性>
 *薬学的勉強はもちろん必要だが、調剤薬局に勤めるのであれば人との関わり方についてもっと勉強すべき
 *人としてのマナー、思いやり
<勉強する・できれば医学部へ・英語はやっておくべき>
 *勉強して医師に医学部にいきなさい
 *しっかり勉強する
 *どうせなら医学部行ったほうがいい
 *一生勉強だから、がんばれ。
<やりたいように>
 *良く遊び、よく学びましょう。
 *やりたいようにやれ
 *信じた道を進めばよい。
<その他>
 *完ぺき主義にならず、広い視野で、いろんなことを自身の感性で学んでほしい。
 *暗記ものの覚え方など


<まとめ>
「生まれ変わるとしたら薬剤師になりたいですか?」という質問については、薬剤師になりたいという人と、薬剤師になりたくないという人は、約1:2となっていますが、「高校生の自分に薬剤師を勧めるかどうか」となると、勧める人と勧めない人は、約1:1となっていました。この違いについては、現在薬剤師として処方への発言権が小さい、人に振り回される等の多少の不満はあるものの、安定性や将来のことを考えると、仕事として勧めるという結果になっていると推測されます。医療関係に興味を持っている場合も含め、「医療系に進むのであれば医師を狙ったほうが良い」という回答が多くありました。これは、つきたい職業で医師と回答した人がかなり多いという結果にも表れています。若いころもっと勉強しておけば、医者になれたなとか、もっと英語を勉強しておけばよかったと思っている人が多いようですね。
高校生の自分に対するアドバイスとして、薬剤師は生涯勉強、命に関連する仕事への心構え、人間性、経験による視野の拡大、将来設計など、受験勉強以外でのアドバイスが多くなっています。
給料が良いという回答がある反面、給料が安いという回答があり、やりがいがあるという回答がある一方で、つまらないといった回答があり、個人個人のものの考え方以外にも職場環境も影響しているのかもしれませんね。


■期間:2015/1/9(金)~2015/1/23(金)
■対象:薬剤師
■回答数:n=215


ココヤク運営事務局
 

【関連アンケート記事】
・子どもに「薬剤師」を勧めますか

 

【関連記事】
・薬剤師が「なりたい職業」の上位にならないのは?
・薬剤師としての「任務」と「志」
・免許と資格
・プロ
・「市民」としての薬剤師
・離職理由の再考

・満足は衰退の第一歩である

 

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:3件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20167件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5707件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る