新着記事・レポート

カテゴリーを選択

アンケート結果

<<前の記事へ

次の記事へ>>

薬剤師が貼り薬を選ぶポイント

薬剤師が貼り薬を選ぶポイント

2015年06月18日 (木) 07時00分配信 投稿日:15/06/18 07:00 icon_view 947view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 947view

後発品推奨の中、一般名処方などで後発品への変更が可能になっていますが、そんな場合、どのような基準で薬剤を選択しているか、貼り薬についてお聞きしました。貼り薬ならではの貼り心地(伸び、かぶれ易さ、はがれにくさ(やすさ)など)、添付文書やインタビューフォームを読んだだけではわからない使用感の情報はどうしているのかについて調査しました。また、お奨めのメーカー、ブランドについてもお聞きしました。

*この記事は2017年9月5日に更新しました。

 

【関連Q&A】
Q.ロコアテープを調剤された方、どのような工夫で肌への刺激を避けたか生の感触を教えて下さい。
Q.ホクナリンテープの後発品の使用感と効果、副作用について、先発品との違いを…
Q.リバスタッチの上からバンドエイドを貼ってもよいかとのご質問を受けました…
Q.ロコアテープの一日使用枚数について、患者さんの反応は?
Q.ロコアテープが処方された患者さんから、「首と腰と両方貼っていいですか?」と…
Q.処方箋で取り扱っている貼付剤は、においはどの順に強くなるのでしょうか?
Q.湿布は循環が良くなる入浴前後は避けるようにと指導するけど、フランドルテープは?
Q.一日一回貼付となっている湿布を、どの程度の時間で剥がすように指導されていますか?

 
 

■Q1._あなたの薬局にある貼付剤の使用感 を知っていますか?

薬局にある全ての貼付剤の使用感について覚えている人は6%にとどまり、6割近くの人が数種類の貼付剤の使用感しかわからないという結果になりました。使用感については全く知らないという人も1割に達し、実際に自分で試したりするのには限界があるようですね。

 

image021

 

bk_article_dotline

 

■Q2._ あなたは、貼付剤の使用感をどのように知りましたか?

使用感を知るきっかけはメーカーのサンプルが55%と一番多く、使用感を知るのに役立っていることがわかりますね。自分の疾患で使ったという回答も半数ありました。一方、他人から使用感を聞くという回答は、患者さんからが一番多く1/4の方が回答されていて、使用感を知る貴重な情報源になっていました。

 

image015

 

bk_article_dotline

 

■Q3._あなたは、後発品変更可能な貼付剤の処方箋がきた場合、何を重視して選択しますか?

かぶれにくさが53%、はがれにくさが44%と使用に際してのクレームにつながる項目が、安定供給や価格の安さといった項目を押さえ重視されていました。患者が希望しているものという回答も34%になっていて、患者の意見や評判が大きく影響しているようですね。

 

image014

 

bk_article_dotline
 

■Q4._あなたは、後発品変更可能な貼付剤の処方箋がきた場合、パッケージではどのような事を重視して選択しますか?

パッケージについては36%の方が重視しないとしていて一番多い回答になっていました。一方、保存のしやすさ、開けやすさ、使用法のわかりやすさ、注意書きのわかりやすさという回答がそれぞれ25%前後の回答となっていました。

 

image025

 

bk_article_dotline

 

■Q5._あなたは、患者さんに貼付剤の使用感を説明する際にはどのように説明していますか?薬剤の例を挙げてなるべく具体的に教えてください。

使用感や特徴の比較について、使用上の注意のポイントについて説明されているようです。ロキソニンやモーラスに関しての説明が多くなっています。中には「使用感なんか大差ないから説明しない。忙しい」というご意見もあるようですね。

 

[代表的な事例]

≪使用感・特徴≫
*温はトウガラシエキスでヒリヒリ熱く感じるだけ、冷はメントールでひんやり感じると説明。テープは密着性が高くパップははがしやすく、くちゃくちゃになっても元に戻しやすい、など。
*タッチロンテープは貼って少しするとスーという感じがします。
*たとえばモーラステープならはがれないほどぴったりくっつく、パテルテープやモーラスパップならやわらかいはりごこちではがす時もいたくないなど体感を言葉でなるべく説明します。
*患者の評判
*ロキソニンテープは、セロファンが3つに分かれて貼りやすい。
*特に匂いは気にする人が多いので伝えています

≪注意事項≫
*すべてに共通して、陽ざしに注意。かぶれが出た時は、早めにはがして医師の診察を受ける。テープ剤をはがす時に痛い場合は、入浴時に濡らしてからはがすと刺激が少ない。
*テープ剤は冷たさを感じにくく、しっかり貼り付く。剥がすときは皮膚組織をはがして荒れやすくなるため、ゆっくりと剥がすか入浴で濡らしてから剥がすように。パップ剤は患部に熱があったり腫れたりしている方、テープ剤でかぶれやすい方に向く。
*お風呂では剥がれたりしやすいですが、水分を拭き取り上から押さえると粘着力が復活します。また絆創膏でぴったり抑えても良いです。
*モーラステープ 光線過敏症注意
*かゆみが出たらすぐはがしてください。

≪その他≫
*エストラーナテープは2日間連続で貼り、また不妊治療では1度にたくさん使用します。
*使用感については説明しない。というか効果は大差ないのに細かいこと気にしすぎ。忙しいのにそこまでおもてなしする必要あるの?

 
bk_article_dotline

■Q6._あなたのおすすめの貼付剤メーカーとブランドを3つ挙げてください。また、そのメーカーやブランドを選んだ理由も教えてください。

メーカー・ブランドとしては、久光のモーラスが圧倒的で、次いで第一三共のロキソニンとなっていて、この2つが他に圧倒的な差をつけている状況でした。理由については使いやすさをあげる人が圧倒的に多く、次いで、効果がある、ブランド・信頼感、はがれにくいといった回答が続いています。

 

image031

 

image032

 

image035



<まとめ>
薬局にある貼付剤の使用感については、数種類の貼付剤の使用感しか覚えていないという人が6割近くを占めています。一方、Q6の「おすすめの貼付剤メーカーとブランド」で挙げられていたブランドをみると、圧倒的多数のモーラス、ロキソニンに加え、セルタッチ、ホクナリンがほとんどだったことから、薬剤師の皆さんがモーラス、ロキソニンに+αの商品の使用感を押さえているのではないかと推測できます。
使用感の情報については、メーカーのサンプルが役に立っている一方、使用に関しては、患者さんの意見も反映されているようです。
後発品の選択については、安定供給や価格という後発品独特の選択基準がありますが、かぶれにくい、はがれにくいものを選ぶ傾向に加え、患者さんからの意見も参考にされています。
パッケージについては重視していない人も多く、開けやすさ、保存のしやすさ、表示の読みやすさよりも、使用感がかなり重視されているようですね。
お奨めのブランドはモーラスとロキソニンですが、理由としては使いやすい、効果がある、ブランド・信頼感といったところがあげられています。


■期間:2015/5/1(金)~2015/6/5(金)
■対象:薬局薬剤師
■回答数:n=98

ココヤク運営事務局

 

 

【関連アンケート記事】
・薬の味、おぼえていますか?|となりの薬剤師のホンネ

 

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20164件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5707件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月14日~11月21日

もっと見る