新着記事・レポート

カテゴリーを選択

ストレス対策

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『ストレス対策』15.脳のしくみを利用して自信をつける~後編~

『ストレス対策』15.脳のしくみを利用して自信をつける~後編~

2014年04月10日 (木) 08時00分配信 投稿日:14/04/10 08:00 icon_view 280view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 280view

今回は、脳の機能を活かす前回の「ついてる」以外の効果的な自分への暗示について解説しましょう。

脳には検索機能があるので、自分についてダメ出しばかりしていると、ダメだった記憶ばかりを呼び出しダメな自分像を強化してしまうと前回お伝えしました。従って、しっかり落ちこむだけ落ちこんだら、いつまでも「ダメだダメだ」と思いこまないで、途中からは多少無理にでも「今までもなんとか乗り切ってきたんだから、今回もきっとなんとかなる」のような暗示を入れるようにしましょう。

また、脳は否定形をうまく認識できないという特徴もあります。たとえば、公衆トイレの貼り紙が以前は「汚さないでください」だったのが、最近は「キレイに使ってくれてありがとう」などと肯定型に変わっているのですが、それは、明らかに「キレイに使う」のほうがキレイになったからです。

脳は、「汚さないで」と言うと、「汚さない」より「汚す」をイメージしてしまいます。たとえば、「××をイメージしないでください」と言われるとつい「××」をイメージしてしまいませんか。

他には、小さい子どもに「こぼさないようにね」と注意するより「上手に運ぼうね」と励ますほうが実際にうまくできたという実験データもあります。

同じように、もし人前で話をしなければならなくて緊張しているときは、失敗したくないなら「失敗しませんように」ではなく「うまくいきますように」と言い換えましょう。

痩せたいときは「太らないように」ではなく「○Kg痩せる」、焦りたくないときには「落ち着いて」、イライラしたくないときには「穏やかに」など、上手に言い換えをして脳に言い暗示を入れてあげましょう。

また、脳は現実とイメージの区別がつきにくいとも言われています。楽しかった思い出を思い返しているときにニヤニヤしてしまうのは、まさにそれです。今現実に起きていることではないのに、あたかも起きているかのように反応してしまうのです。

そんな脳の機能をうまく使ったのがイメージトレーニングです。イメージトレーニングとは、本番であたかもすばらしいパフォーマンスができたかのようにできるだけリアルに細部にわたってイメージすることで、実際にそのイメージ通りのことをしようとするものです。


(次ページ)スポーツをするときに、誰か憧れの選手になったつもりでプレーしてみたり・・・

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1306件)

show

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る