新着記事・レポート

カテゴリーを選択

ストレス対策

<<前の記事へ

次の記事へ>>

20.友達は数やつきあいの長さではない

20.友達は数やつきあいの長さではない

2014年09月18日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/09/18 07:00 icon_view 200view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 200view

著者:藤井雅子(心理カウンセラー)


人間関係のお悩みのなかで、ときどき「友達がいない」というものがあります。しかし、友達がいないことは本当に悩むべきことなのでしょうか。

そもそも友達って何でしょう。

いろいろな人の話を見聞きしていると、親友のような意味で使っている人もいれば、知人のような人のことを友達と言っている人もいて、一概に「友達」と言っても内容が人によってかなり違うようです。

ですから、「友達がいない」と思うときは、どういう人間関係がないことを悩んでいるのかを考えるといいかもしれません。

ネットでつながる相手のことなのか、一緒に遊びに行く相手のことなのか、悩みを打ちあけられる相手なのか、求める内容によって関われる人数もまったく違ってきます。

もし、親友のように心から信頼して安心して弱みを晒すことができる人のような人のこと をイメージしているなら、たくさんいるほうが珍しいことで、一人でもいれば充分、実際のところはいない人も多いのではないでしょうか。

親友と呼べるかどうかは信頼し合えているかどうかです。ベタベタした依存関係とは違います。依存関係というのは、過激な表現をすればコントロールする・されるの関係です。相手のすべてを知りたがったり、自分のすべてを理解してもらいたがったり、何を言っても許されると思いこんだりするのは依存です。

信頼関係とは、すべてをさらけ出すことではありません。嘘を言わないこととすべてバカ正直に打ちあけることとは全く別のことです。信頼していれば、何をどこまで話すかは相手次第であると相手に任せることができるはずです。

親友だからといって何もかも話さなければならないということはありません。すべてをわかり合う必要もありません。わかってほしいことをわかってくれればいい、そんな相手の自由を尊重できることが信頼し合っている関係です。

10代20代の人にとっては連絡を取り合ったり会ったりという接触頻度が高い相手が親友だと思いやすいかもしれませんが、物理的な距離よりも心の距離のほうが実は重要です。

学生時代は毎日のように学校があり、学校での友達が人間関係のすべてになりがちですが、社会人になれば心身ともに友達のために割ける時間は少なくなります。それでも心がつながっていて、たとえ何年か経っても昔と同じ感覚で会えるのが友達です。


(次ページ)そして、何より大事なのは・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る