新着記事・レポート

カテゴリーを選択

ストレス対策

<<前の記事へ

次の記事へ>>

22.謝れない人

22.謝れない人

2014年11月20日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/11/20 07:00 icon_view 398view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 398view

著者:藤井雅子(心理カウンセラー)


謝ることが苦手な方に話を聞くと、自分だけが悪いわけじゃないのに謝ることですべて自分が悪いと認めるような気がする、謝ったら負けを認めるような気がするから謝りたくないなどという説明をよく耳にします。

一方、何かトラブルがあったとき、「誠心誠意謝ってほしい」「とにかくひとこと謝ってほしい」という要求もよく聞きます。また、「あの人は絶対に謝らない人だ」などと謝らない人を非難したりずっと恨んだりすることもあります。

多くの人は自分がダメージを受けたとき相手からの謝罪を願いますが、必ずしも相手がこれに応えてくれるとは限らず、謝ってもらえないことで二重にダメージを受けてしまいます。

なぜひとこと謝ることができないのでしょう。

謝ることに強く抵抗する人は、実は謝ることをとても恐れています。従って、謝ることを強く求めれば求めるだけ、頑なに拒んでしまいます。これは、相手に対する気持ちの問題ではなくその人自身の問題なので、いくら言っても謝ってもらえないときは、きっとこの人は謝ることができなくなるような背景をもっている気の毒な人なんだろうとあきらめるようにすれば、ずっと恨み続けなくてすむので自分がラクになると思います。

謝れない人は、謝ること=自分が全面的に悪いと認めることだと思っています。彼らはもともと自分を責める傾向があり、罪悪感や無価値感などをかかえていて、謝る行為が自分の存在が悪であることや価値のなさを認めることのように思えて恐ろしいのだと思われます。

極端に言えば、「お前が悪いのだから絶対服従かつ全面的に責任を取れ」「生きている価値がない」「生きていてはいけない」など自分の存在意義を否定されるような気分に襲われるのではないでしょうか。もしかすると、実際に親からそんなようなことを言われていたり、そんなふうに扱われていたりしたのかもしれません。

しかし、一般的に人が謝罪を求めるとき、相手の存在価値まで否定したいとは思っていないものです。相手の言動によって傷ついたことをわかってほしいと望んでいることがほとんどです。

つまり、謝罪には二種類あって、一つは事情に関係なく相手を傷つけたことに対するお詫び、もう一つはしてしまったことの全責任を負うお詫び、そして、多くの場合、日本で一般に求められるのは前者の気持ちの問題としてのお詫びであり、全責任をとってほしいと望むのは相当深刻な損害が生じたときに限られるでしょう。


(次ページ)ときどきあまり謝らない人が・・・

Good4

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る