新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方の疑問

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師が思う漢方薬の疑問』2.中国での漢方の扱いは?

『薬剤師が思う漢方薬の疑問』2.中国での漢方の扱いは?

2013年03月20日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/03/20 09:00 icon_view 235view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 235view

Q2:中国の漢方って?


A2: まず、中国では漢方とはいいません。漢方とは、元々2000年程前の大陸で生まれ、その後日本に伝来したもので、傷寒論・金匱要略など様々な医学書を基に、日本国内で様々な解釈をされ、使用される中で、独自に発展してきた医学です。生薬の集合体である漢方薬は治療手段として使われており、いわば「日本伝統医学」という位置づけです。

同じように中国にも伝統医学が存在して、「中医学(中国伝統医学)」と呼ばれています。

日本の漢方薬と同じ処方の薬も数多く存在し、天然由来の生薬を中心に薬を運用していきます。また、針灸や按摩マッサージなどの治療も含め、様々な治療手段が中医学にはあります。

漢方と中医学の違いは、処方の決定するシステムの違いと言えるかもしれません(異論はいろいろあると思いますが・・)。中医学では処方薬を決定する過程で、患者さんの「病態や体質」(「証」といいます)を判断し、それに合わせた治療方法(治法)を決定し、その結果、処方薬を決めるという過程を経ます(これを弁証論治と呼びます)。漢方ではこのような過程をことさら強調しない傾向にあるのです。

中医学と並ぶ西洋医学は、「西医」と呼ばれます。中国の医科大学では、西医と中医学では異なる大学が存在し、資格も異なります。

中国の病院関係者に「日本では中医の事を「漢方」と呼ぶんだろ」と言われたことがありました。反対に日本では「中国では漢方を「中医」と呼ぶんでしょ」と言われたことがあります。つまり、お互い似たようなものであると捉えていただければよいです。そうでなければ話が進みません。厳密に言えば結構違うのですが、同じカテゴリーだと思っていればよいでしょう。というわけで以下の文では中医学を漢方と表現することもあります。

医師には西医専門と中医学専門で違う資格があり、薬剤師も同じで西医専門と中医学専門で違う資格が存在します。北京なら、北京医科大学が西医の大学になり、北京中医薬大学が中医の大学となります。大学入学後からそれぞれ5年間に渡り専門教育を受けます。何千時間にも及ぶ専門教育を受講するのですから、おのずと知識量も豊富になるわけです。

中医基礎学、中薬学(生薬各々の役割に関して学ぶ)、方剤学(生薬の集合した処方として例えば麻黄湯に関して学ぶ)、中医診断学(中医的な独特の診断方法を学ぶ)、黄帝内経(中医に基礎となる養生法などが書かれた古典)、傷寒論、金匱要略、温病などの古典、さらに内科・外科・婦人科など専門科目に関しての勉強が必要になります。


(次ページ)重要なのは、全ての治療に・・・

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る