新着記事・レポート

カテゴリーを選択

漢方の疑問

<<前の記事へ

3.漢方薬の構成はどうなってる?|薬剤師が思う漢方の疑問

3.漢方薬の構成はどうなってる?|薬剤師が思う漢方の疑問

2013年04月17日 (水) 09時00分配信 投稿日:13/04/17 09:00 icon_view 278view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 278view

Q3:漢方薬の構成はどうなってる?


A3:漢方薬は生薬の集合体で、チームとして機能します。構成する生薬の数は様々で、2種類から20数種類のもあります。ただし、日本にない処方では、構成生薬が朝鮮人参1種類だけの「独参湯」というのもあります。
漢方処方というのは、例えると病院でよくある「約束処方」みたいなものです。解熱鎮痛剤・抗ヒスタミン剤・咳止め・抗炎症剤を配合した風邪薬1号(仮名)や、制酸剤・粘膜保護剤・消化剤・メントール配合の胃腸薬B(これも仮名)という感じです。
「この薬の組み合わせは患者さんの評判がいいし、副作用も聞かないし、よく効く。似たような症状の患者さんが来たら、こればかり出してしまおう。薬局に準備して置くようにしよう」というように、古代の中国でも使われていたのでしょう。
漢方薬の処方では、薬個々の構成単位は生薬になっています。
生薬の働きによる分類は、辛温解表薬とか清熱解毒薬とか燥湿化痰薬(漢字&漢字&漢字で読むのがイチイチしんどい)というような分類に分けられています。
ここで詳しく生薬の分類を書いておきましょう。中国の大学で使われている中薬学の教科書における分類は、以下のようにいろいろあります。
解表薬、清熱薬、瀉下薬、去風湿薬、化湿薬、利水滲湿薬、温裏薬、理気薬、消食薬、駆虫薬、止血薬、活血薬、化痰止咳平喘薬、安神薬、平肝熄風薬、開竅薬、補虚薬、収斂薬、涌吐薬、解毒殺虫燥湿止痒薬、抜毒化腐生肌薬といった分類があります。
大きな分類でこれだけありますが、さらに分類されます。
例えば清熱薬などは、清熱瀉火薬、清熱燥湿薬、清熱解毒薬、清熱涼血薬、清虚熱薬といった具合に、より細かく分類されます。
そしてさらに清熱瀉火薬を例にとると、石膏、寒水石、知母、芦根、天花粉、竹葉、淡竹葉、鴨跖草、梔子、夏枯草、決明子、谷精草、密蒙花、青?子という生薬で構成されていることが分かります。
日本の薬科大学における薬理学の授業でも、かなり多くの薬の分類と、それぞれの薬の名前、薬効を憶えたと思います。それと同じように、漢方にも多くの生薬の分類と、多くの生薬が存在するのです。

◆加味逍遥散を例に挙げると

加味逍遥散は柴胡、芍薬、当帰、白朮、茯苓、甘草、生姜、薄荷、牡丹皮、山梔子という10種類の生薬で構成されています。それぞれを分類すると、柴胡(辛涼解表薬)、芍薬(補血薬)、当帰(補虚薬)、白朮(補気薬)、茯苓(利水滲湿薬)、甘草(補気薬)、生姜(辛温解表薬)、薄荷(辛涼解表薬)、牡丹皮(清熱涼血薬)、山梔子(清熱瀉火薬)となります。


◆処方内でもとりわけ大事な生薬

サッカーを例に話をしてみましょう。日本代表の主薬が本田だとしたら、香川がサブ的存在です。その横に控える泥臭いゴールを狙う岡崎、そしてゴール前にクロスを供給する長友や遠藤がいます。どのポジションにも優れた選手が必要です。中心は本田や遠藤のような幹となる選手で、これらの選手が欠けると「チーム力」が途端に低下してしまいます。

加味逍遥散(ツムラ番号だと24番)という処方では、柴胡が幹となる選手に相当します。感情の高ぶりをセーブしてくれたり、オーバーヒートした体を冷ましてくれる。例えるならサッカー日本代表では本田であり、絶対的な中心選手の扱いです。

芍薬は緊張を緩める役を担い、当帰は消耗するエネルギーを補う役割を果たします。共に主役の持つ攻撃力をさらに強力にサポートする選手に該当します。日本代表では遠藤や香川的な存在でしょうか。

白朮茯苓甘草などは、胃腸の働きをよくして体内からパワーを生み出す働きをしてくれます。守備の穴を埋める長谷部や今野あたりの役目で、全体の調整役です。よって、ボランチやDFといった守備が盤石だと、強いチームとして安定します。
生姜は胃のムカムカなどを落ち着かせます。薄荷はスーっとクールダウンして気分良くさせてくれます。両者はムードメーカーの役割を果たします。これは長友や槙野(代表入れるかな)あたりの役割で、人気選手として扱われます。

牡丹皮山梔子などは、本来あった逍遙散(しょうようさん)という名前のチームにやってきた強力な助っ人役を果たします。この2つの生薬が入り、新たな薬味が加わったという意味で「加味」、という名前がつきました。

さらに続けると、長引く緊張状態における血の巡りの改善や、怒りで頭に血が上ってしまうのを鎮める役回りが、牡丹皮山梔子です。
なんと言ってもこの「チーム加味逍遥散」は、柴胡や芍薬達がチームの中心となり、みんなそれぞれいい味出している、という感じがします。

「チーム加味逍遥散」の目的は、気づまりにより起こるイライラやのぼせ、筋のこわばりを楽にして、オーバーヒート状態を鎮めるというものです。
さらに、ストレスによって起こるお腹の痙攣や、消化器の働きの低下を未然に防いだりもします。映画「踊る大走査線」だとしたら、青島刑事役の織田裕二抜きには考えられません。すみれさん役の深津絵里も、室井管理官役の柳葉敏郎も欠かせないですが、映画の中心たる主役は織田裕二です。いかりや長介の存在はエスプリが効いてるし、所長達のおじさんグループもいい脇役です。結果として、チームとして全体的にいい働きを醸し出しています。主役だけだと殺伐とした作品になってしまうため、いろいろな役がいてくれると安定するというわけです。
最後に、添付文書にカタカナでいろいろ並んで記載されている構成生薬を見る際には、大切なのはどれなのかを見分けるクセをつけるようにしましょう。

【参考】生薬の呼び方
柴胡:サイコ   芍薬:シャクヤク   当帰:トウキ   白朮:ビャクジュツ  茯苓:ブクリョウ 甘草:カンゾウ    生姜:ショウキョウ  薄荷:ハッカ   牡丹皮:ボタンピ   山梔子:サンシシ


著者:戸塚和典



【関連記事】
・「漢方とは」漢方歳時記
漢方には、独特の言い回しや理論、難解な漢字などが出てきますので、まずは基本的なことから…
・「漢方の診察法と治療法」漢方歳時記
漢方の治療では、前回述べたように「心身の病的状態」を判定することが重視されます…
・「漢方に関する基本的な捉え方」薬局レポート
漢方を使いこなすには小さな枠で捉えてはならない。"幅広く大きく捉える"ことが大切…
・「漢方薬を病名療法で捉える怖さ」薬局レポート
今の漢方薬の使われ方には一種の危惧がある。それは前回でも触れたことであるが…


【関連Q&A】
漢方薬の効果的な飲み方、飲みやすい方法などあれば教えて下さい!
漢方薬のメーカーによる効果の違いは、どれくらいあるのでしょうか?
漢方薬局についてもっと情報が欲しいです…
安中散 芍薬甘草湯 大建中湯 の併用は問題ないでしょうか?
勉強をしても漢方の中身と効能が覚えられません…
高齢者の嚥下困難な患者様に、滋養強壮の漢方薬が処方されるのですが…

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る