運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師の気になる数字』14.【院外処方】地域格差は倍以上

『薬剤師の気になる数字』14.【院外処方】地域格差は倍以上

2013年08月22日 (木) 09時00分配信 投稿日:13/08/22 09:00 icon_view 710view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 710view

66.1%

医薬分業率では東日本がリード

平成24年度の医薬分業率は66.1%。前年度の65.1%より1.0ポイント伸長しています。

ですが、これは全国平均。
地域別に見ると、かなりの格差があるようです。

医薬分業率が高い県トップ3を挙げてみましょう。

1位:秋田県 82.7%
2位:神奈川県 78.8%
3位:新潟県 76.7%

出典:日本薬剤師会「医薬分業進捗状況」平成24年度集計

ご覧のとおり、上位3県はすべて東日本が占めています。
秋田県すごい…。院外処方率が8割を超えているのは、全国でも秋田県のみです。ちなみに、秋田県内の調剤薬局は525施設で、他県と比べて決して多い方ではありません。

さて、逆にワースト…いや、それは失礼ですね。それぞれ地域の事情があるのだから「医薬分業が遅れている県」と言っておきましょうか。

1位:福井県 37.8%
2位:和歌山県 42.4%
3位:京都府 46.7%

出典:日本薬剤師会「医薬分業進捗状況」平成24年度集計

なんと30%台の地域が…。
院外処方率が50%以下の県はこの3県と、徳島(48.4%)、愛媛(49.0%)といった四国勢。
どうやら医薬分業では、東日本が先んじているようです。

それにしても、83%から38%という倍以上の格差があるとは…。なんかもう、平均値出すのやめてくれって感じです(笑)
公表される「平均所得額」どおりの人は少ないといいますが(たいてい二極化するので)、まさにそんな印象です。


(次ページ)療養型、精神科病院では半数以下・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:2件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5596件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る