新着記事・レポート

カテゴリーを選択

気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

21.【就職動向】薬学部6年制の就職先|薬剤師の気になる数字

21.【就職動向】薬学部6年制の就職先|薬剤師の気になる数字

2013年12月19日 (木) 08時00分配信 投稿日:13/12/19 08:00 icon_view 429view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 429view

37.9%

■最大の就職先は調剤薬局

皆さんご存じのように、平成18年度から学校教育法が改正され、大学の薬学部は6年制と4年制の2種に分かれました。このほぼ同時に薬剤師法も改正され(平成16年6月23日公布)、薬剤師国家試験を受けることができるのは、原則として、6年制学部・学科の卒業者となったわけです。

そして、平成23年(2011年)の3月に、初の6年制薬学部生が卒業しました。その初代6年制卒業生の進路について、一般社団法人 薬学教育協議会がまとめた調査結果があります。

平成23年3月に卒業した"初代"6年制卒業生9,491名の就職先を調べたところ、

1位:調剤薬局 37.9%
2位:私立病院・診療所 19.1%

と、この2種で計6割をしめています。病院の中でも私立病院やクリニックへの就職者は多いのに対し、国立大学や国立病院(正しくは、独立行政法人立病院ですが)などの“国立系”は4.7%。公立病院、自治体立病院や診療所などの“公立系”は4.3%と、いずれも狭き門のようです。
 

■意外に少ない!?ドラッグストア

続いて、第3位以下。

3位:製薬企業 10.8%
4位:ドラッグストア 7.2%

製薬企業については職種別の数字も出ており、最も多いのは「MR(医薬情報担当者)」で6%、開発や学術担当者が2.4%、研究や試験、製造等の担当者が1.7%となっています。

ドラッグストアへの就職者は全体の7.2%しかいませんでした。

現在、調剤薬局は全国に54,789施設*1あるのに対し、ドラッグストアは、16,529店舗*2。だいたい3:1の割合であるわけですが、就職者の割合では6分の1以下。ドラッグストアでは本気で第1類を売っていく気があるのだろうか?と思ってしまいます。(実際、第1類医薬品を取り扱うドラッグストアは半数程度。詳しくは「4.【戦略】医薬品ネット販売時代の処方箋(第2回)」 をご覧ください。)

さらに「行政」(主として衛生行政)が2.1%、大学院修士などへの進学が1.6%となっています。

【参考】
一般社団法人薬学教育協議会ホームページ 

出典:
*1 厚生労働省「薬事関係業態数調」(平成23年度末現在)
*2 日本チェーンドラックストア協会(JACDS)正会員数(平成25年4月現在)


この記事について/著者:中保裕子

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5653件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月17日~09月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月17日~09月24日

もっと見る