新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師の気になる数字』22.【就職動向】薬学部4年制の就職先

『薬剤師の気になる数字』22.【就職動向】薬学部4年制の就職先

2013年12月26日 (木) 08時00分配信 投稿日:13/12/26 08:00 icon_view 298view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 298view

82.2%

■「薬科学科」は「やっか・がっか」か?

平成18年度の薬学部6年制の開始とともに、4年制を卒業しても薬剤師国家試験受験資格は得られなくなりました。4年制の方は薬剤師育成というより、創薬や基礎薬学の研究者を育成するためのコースという性格が強くなり、しっかりと6年制との色分けがなされたわけです。

名称も、6年制が「薬学科」であるのに対し、4年制は「薬科学科」と称して区別されています。学科の性格からすれば、これはおそらく「やっか・がっか」ではなく、「やく・かがくか」なんでしょうねぇ。クスリの科学を学ぶところ、というわけです。

余談ですが、熟語は、どこで切るかによって微妙にニュアンスが異なります。たとえば学校の原型である「寺子屋」。「寺小屋」と書いてしまう人がいますが、本来「寺の小屋」ではなくて、「寺子たちの集まる屋」の意味なのです。

話がそれました。6年制への移行により大学を薬剤師養成機関のようにすると、将来的に研究者が不足する事態も見込まれるので、4年制=薬科学科を残している大学が少なくありません。また、当面は4年制薬学部しかない地域もあろうからということか、平成29年度までの間は猶予期間として、新4年制課程の卒業者にも薬剤師になる道が残されています。しかし、薬剤師国家試験を受験するには、大学院修士以上を修了しなければなりません。
 

■目指すは薬剤師資格か~ほとんどが大学院へ

さて、平成25年3月薬学部卒業生の就職動向調査から、今度は4年制卒業生991名の就職先を見てみましょう。

…って、あれ?調査サンプル数が6年制の10分の1しかありません。先述したように、6年制の定員が圧倒的に多く、国公立大学では4年制の定員の方が多いものの、私立大学では6年制課程が約10,000名、4年制課程はたった500名といわれています。その格差がこの調査にも表れています。

さて、その結果ですが、圧倒的多数が

1位:進学 82.2%

でした。やはり4年制であっても、皆さん目指すところは薬剤師資格の取得なのでしょう。

2位以下は以下の通りです。

2位:製薬企業 5.5%
3位:ドラッグストア 1%

ちなみに、「薬局」は0.6%でした。
あなたの薬局に、4年制卒の新人さんが入職していたら、非常にレアな存在ということになるわけです。

【参考】
一般社団法人薬学教育協議会ホームページ 


この記事について/著者:中保裕子

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5566件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る