新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

『薬剤師の気になる数字』24.【応対】「患者さま」と呼ばれる患者さんのキモチ

『薬剤師の気になる数字』24.【応対】「患者さま」と呼ばれる患者さんのキモチ

2014年01月29日 (水) 08時00分配信 投稿日:14/01/29 08:00 icon_view 426view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 426view

8%

■「『患者様』の呼称は改めます」

ある国立病院が約1年前、患者さん向けに

「当院では、“患者様”という呼称は改め、“患者さん”“患者の〇〇さん”と呼ぶことにする」

という主旨の文書を出していました。

その背景として、以下のように書かれていました。

病院や診療所で「患者様」という呼び方を見直す動きが広がっています。「様」呼称は医療界における「患者中心の医療」の流れの中で普及しましたが、「違和感がある」「よそよそしさと冷たさを感じる」「患者に様をつけるのは日本語としておかしい」などの理由から、「さん」呼称に戻す医療機関が増えているのです。

やはり「日本語としておかしい」が来ましたねー。こうして、多くの人が耳障りと感じる言葉は淘汰されていくのだろうと思います。

前回紹介した内館牧子さんの著書「カネを積まれても使いたくない日本語」にも、「患者様」が取り上げられています。それも、朝日新聞社が行なったアンケートで「想像を超える不評」だったと(笑)。アンケートの自由回答には「“様呼ばわり”されて馬鹿にされた」「治せない弁解かなと思った」というものもあり、内館さんは「(様呼ばわり)はバカにされた気になるのだ」と評しています。

もともと、「患者様」が広まりだしたのは、2001年に厚生労働省「医療サービス向上委員会」が、国立病院に対して通達を出したことがきっかけです。通達の趣旨は「患者さんの姓(名)に『様』をつける」ということのみだったようですが、それが拡大解釈され、「患者」にまで「様」が付けられるようになってしまいました。当の患者さんにも大いに違和感があったようで、患者満足度調査を行う企業(スナッジ・ラボ株式会社)の2003年の調査によれば、患者に対して「様づけが好ましい」と回答した人はわずか8%。導入当初から人気は低迷していたようです。


(次ページ)■薬剤師が気をつけたいあの「さん付け」・・・

Good8

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る