新着記事・レポート

カテゴリーを選択

気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

27.【薬局数】1年で1000軒増加|薬剤師の気になる数字

27.【薬局数】1年で1000軒増加|薬剤師の気になる数字

2014年04月16日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/04/16 07:00 icon_view 392view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 392view

55,797ヶ所

■施設数はレストランや運送屋並み

今回は本コラムで、なぜこれまでとりあげなかったのか不思議なくらい、スタンダードなテーマ「調剤薬局数」です。

いま、日本国内にどのくらいの調剤薬局があるかというと…

55,797ヶ所(2012年現在)

あるわけです。たくさんのライバル薬局がある激戦地に勤務しているのでもない限り、この数字にはあまりピンとこないかもしれませんが、実はこれ、1業種の軒数としてはかなり多いのです。

たとえば、同程度の店舗数の業種を総務省のデータから探してみると、「食堂、レストラン」が55,450軒。ただし「専門料理店を除く」と書かれているので、フレンチやインド料理のお店は省かれるし、居酒屋も別なので、一般的な定食屋さんや“庶民的な”レストラン、ということになります。他にも「電気工事業」が55,032軒。少し上回るのが「一般貨物自動車運送業」で59,239軒。これは赤帽や宅配便ですね。

つまり、調剤薬局は、競争激化の真っただ中にある吉野屋や松屋や大戸屋といった食堂と同じくらいの施設数なのです。そう考えると、思っていたよりたくさんあるという感じがしませんか。

ところが、他の業種を調べていくとさらに追い打ちをかける事実が。

普段、犬も歩けばコンビニに当たるような気がしますが、コンビニエンスストアの店舗数は49,481店舗(2014年1月現在)。なんと、調剤薬局の方が上回るのです!

ますます、調剤薬局の多さが実感できますね。

さらに、社会的なインフラである郵便局の数。これもなんと24,230ヶ所と、調剤薬局の半分にも及びません。

もっとも、郵便局の場合この他に「閉鎖中の郵便局」が同じくらいありますが、これは効率上不採算の店舗を閉めたということでしょう。

■1年に1,000軒増加。競争激化の兆しか

さて、現状でも十分にたくさんある調剤薬局ですが、現在、さらに増えつつあります。

厚生労働省の2012年度の調査によると、総数では前年より1,017施設増えており、年1.9%の増加です。微増ではありますが、「たった1年で国内に1,000ものライバルが出現する」と考えると、どうでしょうか。

日本人の総人口数を調剤薬局数で割ると、平均的には、1つの調剤薬局が2,285人の患者さんを支えていることになります。調剤薬局はコンビニや郵便局とは異なり、毎日利用される場所ではありませんから、経営面ではこの人数でも厳しいかもしれません。今後、ますます競争激化する時代に備えて、どのように患者さんに「選んでもらう」のか。気持ちを引き締めて、患者さんに向きあっていきたいですね。

【資料出典】
・厚生労働省「平成24年衛生行政報告例の概況」
・総務省統計局「平成24年経済センサス活動調査」
・一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会「JFAコンビニエンスストア統計調査月報」2014年1月度
・日本郵便ホームページ


この記事について/著者:中保裕子

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19855件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5620件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:08月15日~08月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月15日~08月22日

もっと見る