新着記事・レポート

カテゴリーを選択

気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

31.【ライフ】薬剤師の結婚年齢|薬剤師の気になる数字

31.【ライフ】薬剤師の結婚年齢|薬剤師の気になる数字

2014年08月20日 (水) 07時00分配信 投稿日:14/08/20 07:00 icon_view 1006view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 1006view

著者:中保裕子

27.9歳

■20代での結婚は少数派に

この6月に内閣府の「少子化社会対策白書」が発表されました。少子化の背景として、男女ともに結婚年齢が上昇していること、それに伴って初産の年齢が上がり、女性1人当たりの出生数が低下していることが挙げられています。

少子化対策の是非については賛否あるところだと思いますので、それはさておき、結婚年齢の全体平均が上昇しているのは、各年齢で未婚の人が増えているわけです。

男性の場合、25~29歳の未婚者は71.8%と圧倒的多数。つまり、20代で結婚する男性は3割に満たない少数派です。30~34歳では未婚者は47.3%とようやく既婚・未婚が同等になり、35歳~39歳では未婚者は35.6%と減るものの、それでも4割ですから「少数派」とも言えないのです。

一方、女性は25~29歳の未婚率は60.3%ですから、20代でゴールインするいわゆる“勝ち組” (できちゃった婚もきっと多いのでしょうが)は4割ということになります。以降、30~34歳では34.5%が、35~39歳では23.1%が未婚。男性に比べると少ないとはいえ、30代後半の女性でも4人に1人は独身です。


■増える生涯独身者

さらに上の年齢に目を向けて、50歳時点の未婚率も見てみましょう。実は、この50歳時点での未婚率を、国では「生涯未婚率」としています。50歳だって、将来にどんな素敵な出会いがあるかもしれないのに、まるで「今後とも結婚の可能性ナシ」と烙印を押すかのような扱い方ですが、とにかくそういうことになっています。

この「生涯未婚率」、2010年時点で男性は20.1%、女性は10.6%。男性は5人に1人、女性は10人に1人が“生涯独身”というわけです。30年前は、男性が2.6%、女性は4.5%と女性の方が多かったのが意外ですが、それにしてもずいぶん少数派だったわけで…。

とりわけ東京都の生涯未婚率はさらに高く、2011年時点で男性25%、女性は17%に達しています。特に女性は全国平均に比べ2倍近くと高いのですが、東京は「仕事に生きる」という選択がしやすいエリアなのでしょう。


(次ページ)■薬剤師の平均結婚年齢は?・・・

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る