新着記事・レポート

カテゴリーを選択

気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

33.【応対】患者は意外にアレを知らない|薬剤師の気になる数字

33.【応対】患者は意外にアレを知らない|薬剤師の気になる数字

2014年10月02日 (木) 07時00分配信 投稿日:14/10/02 07:00 icon_view 421view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 421view

著者:中保裕子

15%

■人の知識にはギャップがある

話は1980年代にさかのぼります。友人がかわいくて安い下着を持っていたので、「どこで買ったの?」と訊くと「マツモトキヨシ」と一言。当時のマツモトキヨシはドラッグストア業態を立ち上げる前。千葉県松戸市周辺のローカルスーパーマーケット店だったのですね。その近くに住む友人にとっては、何店舗もある「マツモトキヨシ」を知らない人なんていないはず、と思っていたそうです。しかし、別の県に住む私や友人たちにはさっぱりわからず「なんで男の名前?」「なにを言ってるんだこの子は…」と一様に醒めた反応。そのギャップはいまでも思い出すとおかしくなります。

こちらが「知ってて当然」「これ常識」と思っていることを相手が知らないと、齟齬が生まれてしまうことがありますよね。笑い話ですめばよいのですが、これが患者さんと薬剤師の間になると、情報が正しく伝わらないだけでなく、患者さんが「自分は知らない」という引け目から劣等感をもち、信頼感にすき間ができてしまうことがあるので要注意です。「この薬剤師さんはわかるように話してくれない」「こんどは別の薬剤師さんと話そう」とか、場合によっては「他の薬局に行こう」ということにもなりかねません。

というわけで、薬剤師にとっての「常識」を、患者さんはいったいどれほど理解しているのかを、数字で紹介してみましょう。


(次ページ)■クスリの業界は知られていないコトバだらけ・・・

Good5

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る