運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

41.【病気】今年もあの時期がやってくる

41.【病気】今年もあの時期がやってくる

2015年06月04日 (木) 07時00分配信 投稿日:15/06/04 07:00 icon_view 362view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 362view

著者:中保裕子

熱中症死亡者数:878人/年

 

■後期高齢者ではリスクが上昇

今年は5月頃からすでに真夏日とされる日もあり、あちこちで「気候が変w」「温暖化が進んでいるのでは?」という声が聞かれました。7月~8月の本格的な暑さが今から思いやられます。そして、今年も「熱中症」が心配です。

厚生労働省の統計によると、2007~2012年は平均して1年に878人が熱中症で亡くなっています。記録的な猛暑となった2010年は、死亡者は1731人にも及びました。2011年も948人と平均を上回っており、今年の暑さが気になります。

よく、「体力の弱い子どもとお年寄りはリスクが高い」と言われますが、熱中症で亡くなる人の79.3%は65歳以上の高齢者。4歳以下の子どもの占める割合は0.1%です。高齢者のなかでも、60代後半の占める割合は8.1%、70代前半は9.0%とやや増えるものの、70代後半は15.4%といきなり10%台半ばにまで上昇します。そして、80代前半は年齢分布ではピークの18.5%に。つまり熱中症で亡くなる方の5人に1人が80代前半であり、後期高齢者になるとぐっと死亡リスクが上がることになります。

熱中症死が起こりやすいのは、圧倒的に家や老人ホームなどの「自宅」とその庭で、死亡例の45.8%を占めます。残りのほとんどが場所不明事例なので、高齢者の熱中症の多くが自宅で起きていると考えてよさそうです。節約第一でエアコンをつけなかったり、暑いのに庭の草取りに精を出したりして気づかぬうちに熱中症にかかってしまう、不幸な事故が相次いでいます。人間、「至適範囲」の気温を超すとたとえ熱中症でなくても循環器や呼吸器疾患が増悪して死亡率が上昇するとの報告もあります。猛暑の中通院し、薬局に来る高齢の患者さんには、薬剤師からの一言が、熱中症予防や暑さによる病状変化の気づきになるのではないでしょうか。

 

■気温1度の上昇で死亡率が40~60%変わる

一方、熱中症死全体の5%程度は工事現場や農場などの労働現場で起こっています。業務中の熱中症で亡くなる働き盛りの人が毎年20名前後おり、猛暑の2010年には47人と、こちらも例年の2倍以上に。業種別では「建設業」がトップ、続いて「製造業」、「農業」の順となっています。

屋外で働く建設業や農業だけでなく、屋内作業の製造業もハイリスクであることを意外に思われる方もいるかもしれませんが、機械は動作で熱を発しますし、広い工場では空調が効きにくい場合もあります。鉄鋼業などの火を使う現場は言うに及ばずでしょう。私は真夏に製鉄所を見学したことがありますが、外の気温が30度前後なのに対し、工場内は40度以上。エアコンがこれほど無力な空間もなく、「苛酷」の二文字が頭から離れないまま、15分間くらいの見学をやっとの思いで終えました。それでも従業員の方々は淡々と働いており、慣れているとはいえ、身体への負担はかなりのものだろうと思いました。

ちなみに、熱中症の最も起こりやすい時間帯は、気温が最も高い12~14時前後ではなく、15~16時台です。ピークの時間帯の暑さに耐えた身体に疲労が蓄積するのでしょうか。アスファルトからの輻射熱のため、地表近くの温度は、気温とは時間差があるという話も聞きます。

地球温暖化やヒートアイランド現象により気温上昇傾向が続くと言われる中で、夏場の健康をどうやって守るのか。元・気象庁の気象研究所部長である首都大学東京特任教授・藤部文昭さんによれば、夏場の気温が1度変わるだけで、熱中症死亡率が40~60%も変動するそうです。熱中症対策は人間にとってますます重要な健康課題となりそうですね。

参考資料:
・厚生労働省「人口動態統計月報(概数)(平成24年8月分)」
・厚生労働省「職場での熱中症による死亡災害の発生状況(平成24年)」
・藤部文昭「暑熱(熱中症)による国内死者数と夏期気温の長期変動」天気 60(5) 371-381 ,2013年5月


この記事について/著者:中保裕子

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:1件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る