運営からのお知らせ

新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬剤師の気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

47.【税制】どうなる?一般医薬品控除制度

47.【税制】どうなる?一般医薬品控除制度

2015年12月03日 (木) 07時00分配信 投稿日:15/12/03 07:00 icon_view 377view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 377view

著者:中保裕子

控除制度を利用する人の割合:13.8%
(2015年9月;日本OTC医薬品協会)

 

■「一般用医薬品控除制度」とは

厚労省・財務省の平成28年税制改正への要望事項のひとつに「セルフメディケーション推進のための一般用医薬品等に関する所得控除制度の創設」があります。長いですね。とりあえずここでは「市販薬控除制度」と呼ぶことにします。これは数年前から日本OTC医薬品協会(以下「OTC協会」)等の関連団体が要望していたのですが、2012年時点では完全にスルーの姿勢だった厚労省も、医療・介護需要の抑制につながるとの期待から、2014年には「健康と医薬」部門の第2の要望事項に、そして2015年はイチ押しの要望に「市販薬控除制度」を掲げました。既に自民・公明各党のヒアリングを通過、「平成28年度税制改正大綱案」に盛り込まれる見通しで、ようやく現実味を帯びてきました。

どんな制度かというと、要指導医薬品や一般用医薬品を年間1万円以上購入した世帯は、レシートをまとめて申告すれば、上限10万円までを所得控除の対象にするというものです。

ちなみに現在の医療費控除制度でも市販薬代を医療費として申告することは可能なのですが、ビタミン剤などの予防薬・健康増進薬は認められませんし、何より「年間10万円以上」というしばりがあるので、普段健康で、病院に行く機会がない人には縁遠いものでした。その点、この制度は、予防や健康増進を視野に入れたものと言えます。

 

■たとえ1円から控除できても、4割は「手続きしない」

OTC協会の調査によれば、市販薬控除制度が実施された場合、「利用する意向がある」人は全体の13.8%。あれ?意外に少数派じゃありませんか。

ちなみに、「もし年間5000円以上から控除できるとしたら」30.2%、さらに「1円からでも控除できる」なら56.4%が「手続きする」と回答しています。前回紹介したように、購入者1人あたりのOTC年間購入額は7500~8500円程度。たとえば1年分のレシートを家族4人でコツコツ1年分とっておき、ようやく3万円弱が控除対象になるわけです。このあたりの「手間」は結構ハードルになるのかもしれません。

 

■1151億円の医療費がOTCへ

厚労省は、この税制に750億円の財源を投じようとしています。そのコストに見合うリターンは当然期待されているはずです。

OTC協会は、この控除制度が導入されると、かぜ、鼻炎、肩・首・腰の痛み、胃症状で通院していた人の約1割が一般用医薬品の服用で対処するようになり、これら4症状で1151億円の医療費削減効果があると推定しています。(調剤薬局にとっては、一部なりとも市場が縮小するということですが…。)

導入後、現実にリターンがコストを上回るのであれば、制度の社会的メリットが評価されるのでしょうが、それにはやはり多くの利用者があってこそでしょう。実は、介護保険やがんの高額医療費制度も、「手続きが面倒」という理由で利用しない人が少なくないそうです。今回の税制導入も、いかに手続きが簡便かがポイントかと思われます。

【参考資料】
日本一般用医薬品連合会・日本OTC医薬品協会「医療費削減検証のための健康意識・実態調査」(2015年7月、全国20~59歳の男女個人対象、有効回答数2,452名)


この記事について/著者:中保裕子

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月15日~06月22日

もっと見る