新着記事・レポート

カテゴリーを選択

気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

48.薬剤師の年収|薬剤師の気になる数字

48.薬剤師の年収|薬剤師の気になる数字

2015年12月30日 (水) 07時00分配信 投稿日:15/12/30 07:00 icon_view 372view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 372view

薬局薬剤師の平均年収:473万円
(2014年度;厚生労働省「第20回医療経済実態調査」)

 
今年の忘年会は何回ありましたか?いろいろな仲間との忘年会が重なって楽しく時間が過ごせるのはいいのですが、正直なところ、1回につき財布のなかから福沢諭吉が一人いなくなってしまうとなるとなかなかイタイものがあります。せめて樋口一葉さんが1人失踪するくらいに収まればいいのですが…。

どうも、辛気臭い話で失礼しました。

ボーナスシーズンと何かと物入りな年末年始を迎える今回は、薬剤師の「年収」を見てみましょう。

 

 

■前年比では3.2%の所得アップ

まずは薬局薬剤師の平均年収から。個人開業、チェーン薬局を全部含めた薬局薬剤師全体の平均は、473万円(平成26年度;千円以下四捨五入、以下同じ)。前年度が458万円ですので前年比3.2%の所得アップということになります。

では「3.2%ってどうなの?」ということですが、経団連の調査によると平成26年の昇給率は前年比2.2%増となっています。この調査の対象は経団連加盟企業ですから、一部上場の大手企業が中心。薬剤師の昇給率は大手企業を上回っていることになります。

ただ、管理薬剤師になると、平成25年度の784万円から773万円と、1.3%の所得減です。管理職がツライのは、業界を問わないのですね…。(でもまあ額も高いからいいか。)

 

■年収30~40万円の格差も

薬局薬剤師の年収は、薬局の開設者によっても異なります。チェーン薬局など、法人経営の薬局では474万円と、ほぼ全体平均並みですが、個人経営の薬局では431万円。年収に40万円以上の差があるのが現実です。こんなデータが出回ってしまうと(もう出回っているのですが)個人薬局は人材確保に苦戦しそうな気もしますが、その代わり前年比は5.6%と非常に高いのです。伸び率で見れば、全体平均の2倍近くになります。給与水準を上げていこうという経営努力の現れなのかもしれません。

一方、チェーン薬局の中でも、規模による格差があります。「店舗数を誇る大手ほど高給」と思いがちですが、実際はそうではないようです。

20店舗以上をもつ大手チェーン薬局の薬剤師の場合、年収は472万円。まあ全体平均並みといったところでしょう。これが2~5店舗の小規模チェーンですと、484万円とぐっと上がります。逆に、その中間の6~19店舗のチェーンになりますと、457万円となり、小規模チェーンとの開きは27万円に。経営者側から見ると、中規模のチェーン薬局というのは利益を出しにくい構造なのかもしれません。

 

■病院では社会保険病院が高給

と、ここまでは薬局薬剤師を見てきましたが、一方の「病院薬剤師」の年収も気になります。

一般病院の薬剤師の平均年収は558万円。薬局薬剤師とは業務内容が異なるとはいえ、なかなかの高給となります。同じ「病院」であっても、やはり設立主体によっての開きがあり、最も平均所得が高いのは「社会保険関係法人」の641万円。以前の厚生年金病院や社会保険病院の類ですね。現在の運営主体は(独)地域医療機能推進機構(JCHO)という名称になりました(もちろん、これは全体平均ですので、病院によって異なると思われますが)。「公立病院」も手堅く、608万円。「国立病院」は572万円となっています。

学生時代の友人がこうした病院に勤めていたら、「空きが出たら教えて」と頼んでおきたくなりますね。ちなみに私立病院は600万円を切っており、個人病院で565万円。医療法人立病院が最も低く503万円となっています。

 

■年収ダントツの薬剤師を目指すには?

さて、性格的に自分には病院勤めは合わないと思う薬局薬剤師が年収大幅アップを狙うにはどうしたらいいのか。その方法は、数字が雄弁に語っています。

そう、「管理薬剤師」となり、キャリアを積んで「開業」し、自分の薬局をもつことです。

1店舗のみで展開している調剤薬局の管理薬剤師の年収は、なんと915万円。1店舗ですので、多くは管理薬剤師自身が開業した薬局と思われます。前年比±0%とまったく伸びてはいませんが、年収ベースでの人生の選択肢としては最強です。もちろん、開業に向け多くの資金は必要ですし、幅広い薬学知識はもちろんのこと、経営のリスクと従業員への責任も伴いますが、自信と実力がある薬剤師さんのキャリアプランとしては「有り」かもしれません。まずは、管理薬剤師を目指してがんばってください。
(※個人の意見ですので成功を保証するものではありません)

【参考資料】
●厚生労働省「第20回医療経済実態調査」(平成27年)
●日本経済団体連合会「2014 年 1~6 月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査結果」



この記事について/著者:中保裕子

 
【関連Q&A】
Q.今年の昇給が、勤務して初めてありませんでした。なんとか説明を…と踏み込んだところ…
Q.皆さんはこの給与をどのように思われますか?
Q.今1年目で月給28万円もらっています。これは病院薬剤師の何年目ぐらいの給料でしょうか?
Q.薬剤師には職場の種類が多くありますが、年収が多いのはどの職場ですか?
Q.就職先を選ぶとき、退職金や年金について、どのように見極めればいいのか?

【関連記事】
・薬剤師の給与(給料)、満足度は?(アンケート結果)
・「適正な年収」が決まる3つのポイント
・「うわっ…私の年収、低すぎ…?」の真実、教えます。
・薬剤師の収入事情を調べてみた
 

Good0

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20171件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る