新着記事・レポート

カテゴリーを選択

気になる数字

<<前の記事へ

次の記事へ>>

49.今も愛される紙レセプト|薬剤師の気になる数字

49.今も愛される紙レセプト|薬剤師の気になる数字

2016年02月03日 (水) 07時00分配信 投稿日:16/02/03 07:00 icon_view 163view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 163view

著者:中保裕子

紙レセプトで保険請求している医療機関の割合:7.1%
(2015年11月社会保険診療報酬支払基金調べ)

 

■「手書き」の処方箋を最近、見かけたことがありますか?

見かけるどころか毎日、近くの院長の悪筆に辟易し、突然現れるドイツ語(しかも手書き)に学生時代の知識を呼び覚まされたりでトホホな薬剤師さんもおられるかと。患者さんを待たせることなく、また誤処方を防ぐという観点からは、せめて悪筆は、いや、できればドイツ語も勘弁してもらいたいものですが…。薬剤師の皆さんは現場で苦労されていませんか?

ところで、厚労省の省令として定められた、レセプトのオンライン請求への移行期限は平成26年末でした。それから約1年が経った現在の状況を見てみると、紙レセプトで請求している医療機関(病院・診療所)は7.1%*1に。この中には、手書きレセプトでしかできない完全アナログな施設はもちろん、「高齢の医師と職員ばかりで、レセコンは何とか使えるようになったけどオンライン?そんなの無理無理。」という施設も含まれています。

もともと、この厚労省令は何らかの形でレセコンを使用していた施設が対象で、手書きレセプトのアナログ医療機関は対象外でした。しかし、「せめてレセコンは使えよ。」的な努力義務は付記されています。どうせなら手書きレセプトの割合も公表してほしいところですね(笑)。

 

■「紙レセプト」が愛される関西圏

施設別に見ると、さすがに「病院」や「調剤薬局」はどちらも紙レセプト率2%以下で、オンライン化がほとんど完了しています。逆に、今も紙レセプトの割合が高いのが、診療所(7.7%)と、歯科医院(13.9%)。県別では、京都府(12.2%)が最も多く、2位は和歌山県(9.3%)、3位は大阪府(9.1%)。なぜか関西圏の先生方は紙レセプトがお好きなようです。きっと地方の小さな診療所に多いのだろうと思いきや、意外にも都市部に多いという事実。デジタル化と都市化は直接リンクしないのかもしれません。ちなみに4位は東京都(8.7%)でした。医療機関の多いところに紙レセプトあり、です。

 

◆◆◆◆◆◆

 

某所薬剤師会立管理センターには、「手書きの処方箋が読めない」「ドイツ語で書かれた処方箋がよくわからない」という薬局薬剤師さんからの問い合わせが結構あるそうです(笑)。医師に問い合わせれば済むことのような気もしますが、高齢の院長とコミュニケーションをとることすら難しいのでしょうか。そういえば、かつてある高齢医師の診察風景を取材させてもらったとき、医師の耳が遠くて、患者がいろいろ質問しても何ひとつ答えていなかったのを思い出しました。


*1)オンラインでの送信も電子媒体も使わず、紙レセプト(レセコンで出力、手書きを含む)で提出している医療機関の割合(施設数ベース、以下同じ)。


この記事について/著者:中保裕子

Good1

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月12日~11月19日

もっと見る