新着記事・レポート

カテゴリーを選択

薬学道

<<前の記事へ

『薬学道』6.薬剤師にできること/患者の選択を肩代わりする

『薬学道』6.薬剤師にできること/患者の選択を肩代わりする

2013年09月19日 (木) 09時00分配信 投稿日:13/09/19 09:00 icon_view 362view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 362view

■目次

1.はじめに
2.『選択の科学』より
3.私たち、薬剤師ができることを考える
4.まとめ


■1.はじめに

みなさんは『選択の科学』(著者:シーナ・アイエンガー)という本をお読みになったことはありますか?本の内容は、非常に科学的で、選択をすることの奥深さ、難しさについて380ページにわたって書かれています。私はこの本を読み、「人生をより良くする(QOL向上させる)ために、私たち薬剤師ができることは何なのか」を深く考えさせられました。今回は、この本の一部を引用しつつ、私からの提案を述べたいと思います。

■2.『選択の科学』より

私が非常に考えさせられたのは「第7講 選択の代償」の部分です。
この部分は、わが子の延命処置を施すか否かについて書かれています。施せば、重い障害が一生残ることになる可能性が高いのですが、その選択を「自分でした場合」と「医者に委ねた場合」との比較をするというものでした。それでは順に、3つのシナリオを参照しながら、それぞれのケースについて考えてみましょう。

<シナリオ1>

わが子の延命処置を施すか否かについて触れている部分を引用します。

~引用~
あなたには、ジュリーという、早産で生まれた女の赤ちゃんがいる。ジュリーは妊娠二七週目に、体重わずか九〇〇グラムで生まれ、脳内出血を起こして危篤状態にある。現在、著名な大学病院の新生児集中治療室(NICU)で治療を受けており、人工呼吸器で生命を維持している。
~引用おわり~

今回、医師は延命治療を中止すること、つまり人工呼吸を取り外して死なせてあげることが、ジュリーにとって最良の選択だと判断しました。
このシナリオでは、医師は患者に情報をほとんど開示しないで、自ら最終判断を下しました。

さて、皆さんは、上記シナリオを読んでどう考えたでしょうか。

医師が患者になり代わって判断を下し、患者に何の説明も与えなかった時代があったのは事実ですが、現代では考え難いですね。もし仮に私がこのジュリーの親だったとしたら・・・。考えただけでなんだか涙が溢れてきました。


(次ページ)<シナリオ2>・・・

Good2

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る