新着記事・レポート

カテゴリーを選択

スポーツファーマシスト

<<前の記事へ

次の記事へ>>

1.病院薬剤師からスポーツファーマシストを視る

1.病院薬剤師からスポーツファーマシストを視る

2013年07月09日 (火) 09時01分配信 投稿日:13/07/09 09:01 icon_view 712view

お気に入りに登録

お気に入りに登録

icon_view 712view

~ドーピング防止における薬剤師の役割~


■はじめに

ドーピングには、競技能力を高める可能性のある薬物などを不正に使用する場合と、不注意で禁止物質を利用してしまう場合、いわゆる「うっかりドーピング」があります。後者については、必要な情報が一般市民に行き渡っていないのが現状です。

このような状況で、2009年度に日本薬剤師会とJADA(日本アンチドーピング機構)は協同して「認定スポーツファーマシスト」の資格制度を創設しました。「スポーツファーマシスト」は、最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、 競技者を含めたスポーツ愛好家などに対し、薬の正しい使い方の指導、薬に関する健康教育などの普及・啓発を行い、スポーツにおけるドーピングを防止することを主な活動とします。


■私がスポーツファーマシストになった理由

病院薬剤師として働く傍ら、学生時代から続けていたバスケットボールを社会人になってもクラブチームで続け、身体が思うように動かなくなってからはコーチとして活動していました。チームが公式戦で上位に進出するようになると、チームのメンバーが国体の選抜チームに選ばれるようになりました。この時期に国体でもドーピング検査が開始されるとの情報があったのですが、国体選抜チームのメンバーは、ドーピングに関する情報は何も持っていませんでした。試合前の風邪の初期症状のための薬の服用についての相談は、ドーピングを気にしてではなく、どの市販の風邪薬が一番、効果が高いかというものでした。ドーピング検査を受けるかもしれないスポーツ選手のドーピングについての知識や情報は、ほとんどないも同然とわかり、ドーピング防止活動の必要性を強く感じ勉強を始めました。


■アンチドーピング活動

「うっかりドーピング」の要因は、医師からの処方せん薬、薬局等で購入するOTC薬や健康食品、通信販売で購入する薬やサプリメント等、多岐にわたっています。まず、勤務している病院で各科医師にドーピングに関してのアンケートを取り、知識の確認をしました。ドーピングについては、多くの医師が具体的な禁止薬をほとんど知らない状況で、TUEについても知っている医師はわずかでした。このような状況では、患者がスポーツ選手の場合、「うっかりドーピング」の要因になってしまいます。薬剤科から医師へのドーピング防止について十分な情報提供をしていくことにしました。
また、バスケットボール関係での活動としては、地区のバスケットボール連盟主催の講習会等でドーピング予防についての話をしています。海外では低年齢でのドーピングも報告されているので、ミニバス関係者も対象にしています。
なお、今年度開催の「スポーツ祭東京2013」(東京国体)での東京都薬剤師会国体特別委員会委員としてアンチドーピング活動を行っていますが、JADA(日本アンチドーピング機構)及び東京都スポーツ祭東京推進部との連携で、「陽性者0」を目指しています。今回の国体は都内全域で行われるため、東京都薬剤師会と地区薬剤師会との連携で、ドーピング薬が関係者に渡らないように医薬品販売に携わる方たちへの啓発活動を行っています。


■アンチドーピング活動の薬剤師の役割

わが国で発生しているドーピング防止規則違反のうち、多くの事例は、競技者及び関係者に対してドーピング防止規則及び薬に関する適切な情報が提供されていれば、違反となることを防ぐことができたと考えられます。このような「うっかりドーピング」事例の予防対策として、薬剤師による「公認スポーツファーマシスト」制度は有効であり、今後、普及活動に努めたいと思っています。


■著者プロフィール



image

小竹慶子(keiko kotake)


病院薬剤師として働く傍ら、中学校の部活で始めたバスケットボールを社会人になってもクラブチームで続け、現役を引退してからはコーチとして活動しています。
日本バスケットボール協会公認コーチ、日本体育協会スポーツ指導員として活動していますが、シニアチームで年1回シニア大会に出ています。また、「スポーツファーマシスト」として、地区のバスケットボール連盟でのアンチドーピング活動や今年度開催の「スポーツ祭東京2013」(東京国体)での東京都薬剤師会国体特別委員会委員としてアンチドーピング活動を行っています。薬剤師とスポーツが結びついた「スポーツファーマシスト」の活動をこれからもっと広めていきたいと考えています。
 



【関連記事】
・スポーツファーマシスト|薬剤師アスリート編
服用のタイミング、食事との影響、さらには機内での過ごし方等…
・スポーツファーマシスト|薬学生編
病院や薬局で勤務しながらSPとして競技者の相談にのること…
・スポーツファーマシスト|薬局薬剤師編1
国体や競技会に参加するスポーツ選手のドーピング対策のみならず…
・スポーツファーマシスト|薬局薬剤師編2
薬剤師の力で日本から意図しないドーピングをなくせるように頑張りましょう…
・スポーツファーマシスト|薬局薬剤師編3
選手の身体に多大な影響を及ぼすドーピングは許されないことであると痛感…


【関連Q&A】
スポーツファーマシスト基礎講習会に参加します。持参すると良いものはありますか?
当店で販売しているサプリメントがドーピング検査にかからないか調べる…
ドーピングに関する資料を集めたいのですが、どのような所から集めたらよいでしょうか?

Good3

コメントする

コメントする

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5654件)

show

求人情報

show

よく見られている
新着記事・レポートランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月18日~09月25日

もっと見る